明日も無色

社畜が世の中の「本当に」気になることを妄想的思考で書くブログ

【フリーソフト】商用利用できるCanvaを使えば、デザイナーいらずになるという説【無料ブラウザ版】

f:id:arufred45Hoo:20190902155937p:plain

 *canvaで作成(作成時間3分)

 

こんにちは、青色申告です。

 

今回は、またしても無料で商用利用ができるフリーソフトを発見したので、その紹介をしたいと思います。

 

今回はどちらと言うと、ビジネスに特化したソフトなので、もっとがっちりイケてるサイトやブログを作りたい人から、少しでも集客や効果的な宣伝をしたいという方向けになっています。マーケティング部門の方でなくても、営業や事務の方にぜひとも使っていただきたいと感じます。

 

それでは書いてみよう!読むのも試すのも無料ですよ。

 

【目次】

 

デザイナーに注文するような物を作りたい

 

突然ですが、皆さんはデザインをしてますでしょうか。

 

モダンで、シックでイケイケなデザインを作っていますでしょうか。私は全然作れていません。そうした知識もないですし、なによりやり方がわからない。巷で見る、モダンなデザインなんて作れる気がしません。カラー、フォントの試行錯誤、画像の配置、改行、リファレンス調べ。そういった多くの実践と失敗を積み上げないと「イケイケなデザイン」など作れはしないのです。

 

しかし、そうしたものを作りたい。お金をかけずに、もっとかっこよくて、目が止まるような資料を、わかりやすくて、居眠りする暇すら与えない価値あるコンテンツにしたい。

 

そうしたものを作れはしないのかと思って、見つけたのが「Canva」というフリーソフトです。

 

5分でデザインが終わる流れ

まず、使い方から見ていきましょう。

 

ログイン

f:id:arufred45Hoo:20190902160230p:plain

 

今回はブログのキャッチアップ画像を作る流れから見ていきましょう。まず、はじめにアカウントを作成します。特別な点はないのでサクッと作りましょう。

 

ログインすると、画像のようなサイトになるので、「デザイン作成」→Blogバナーと進みます。他のものを作る人は目当てのものを選びましょう。

 

※ここで注意点なのですが、無料版は画像のサイズを変更できません。すでに作りたいサイズがある方は、カスタムサイズで指定すると良いですが、テンプレートが適用できない場合があるので、最初はおすすめしません。テンプレートが使用できない場合は、CanvaよりもFotorのほうが楽だと思います。 

 

f:id:arufred45Hoo:20190902160233p:plain

 

①テンプレートを選ぶ

画像内①部分より好きなテンプレートを選びましょう。

 

検索は英語なので注意です。どの検索ワードで検索したらいいかわからない方は、とりあえず、目当てっぽいがテンプレートの「・・・」を押してみましょう。キーワードが設定されているのでそのワード(例:Marketing)をクリック。そうすると、Marketingに類似しているテンプレートを表示してくれます。

 

②好きな言葉、フォント、画像に置き換える

テンプレート素材は英語が多いので、日本語に置き換えましょう。Canvaにはかなり豊富な日本語フォントが搭載されています。テキストと言う項目には、雛形も用意されているのでそれを使ってもいいかもしれません。

 

画像もドラック&ドロップで済みます。画像の項目を押すと、フリー画像サイトと連携して高品質なフリー画像をダウンロードできます。それを目的の場所へドラック&ドロップ。ただ、画像のサイズがあっていないこともあるのでそこは適宜調整してください。基本的にはワードの置き換えくらいが楽でいいと思います。

 

③ダウンロード

任意の場所へ画像をダウンロードして終わりです。データはログイン画面のフォルダと言うところに自動で保存されています。無料会員のストレージは1GBなので、使わないデータは削除しておきましょう。

 

コラム:ショートカットを使いこなそう

ショートカットを使うと、より作業効率が上がるのでおすすめです。何より、他のデザインソフトでも似通った部分があるので全体として覚えて損はないと思います。command=ctrlに置き換えて学んでいきましょう。

 

【よく使うショートカット】 *Windows

  • 画像の複製 ctrl+D
  • 全部選択 ctrl+A
  • 作業を戻る ctrl+Z

 

【メリット】Canvaのすごいところ

Canvaってなんですか?という人も多いでしょう。以下では、いくつかの項目に分けてCanvaのすごいところについて書いてみようと思います。

 

世界的に急成長している

オーストラリア発のデザインツール「Canva(キャンバ)」が破竹の快進撃を続けている。月間アクティブユーザー数は1000万人を突破。2018年1月には「ユニコーン」企業(企業価値10億ドル以上の非上場企業)の仲間入りを果たした。

 

引用:https://thebridge.jp/https://forbesjapan.com/articles/detail/213042019/05/canva-funding-becomes-unicorn

 

Canvaは今世界中でイケイケドンドンな成長をしている企業です。ローカルに人気というわけではなく、世界中で使われることを目的としているので今の流行りに対応したデザインを提供する事ができます。

 

【参考】

jp.techcrunch.com

 

【Pixabayを買収】高品質の素材を誰にでも

デザイン経験のない人たちはたいてい「ひどいクリップアートや目も当てられないフォント、低品質な写真を使っている」と Perkins 氏は Tech in Asia に語った。

 

引用:https://thebridge.jp/2019/05/canva-funding-becomes-unicorn

Canvaは2019年あのフリー画像サイトPexels と Pixabay を買収しました。これによって、Canva内でシームレスにフリー画像を使うことができるようになりました。

 

これめちゃくちゃ素晴らしいですよね。少し前だとWordの黄色のキャラクターのクリップアートや今だと「いらすとや」とか貼っただけのデザインとか多く見ますよね。庶民デザインとしては親近感がわきますが、いち消費者としてみたときに、このデザインに目が留まるかというと微妙なところ。

 

かっこよくて、高品質な素材とデザインをより多くの人に使ってほしいという企業方針に応援したくなりました。

 

高品質なデザインを誰にでも

そして、Canvaの目玉は高品質なテンプレートを無料で使えるということです。他のソフトだとテンプレートはほとんど有料コンテンツということが珍しくありません。しかし、Canvaはほとんど無料で使うことができます。もちろん有料もありますが、触った感じ気にならないレベルでした。

 

これほどまでにテンプレートが集まるのは、世界中の「本当のデザイナー」がテンプレートを提供しているからです。Canvaにはデザインを提供すると報酬がもらえる仕組みがあります。これによって、質の高いデザイナーのデザインを誰でも使用できるというわけです。

 

商用利用ができる

利用規約を見ると、商用利用ができるとありました(最大250,000枚のプリントまでとあるように、スーパー大手企業の方はCanvaと直で交渉しましょう)。しかし、多くの方はそれ以下だと思いますので、思う存分使っていきましょう。営業のプレゼン資料や社内の資料、メルマガの画像やサイトのキャッチアップ画像など多くの部分をカバーできます。しかも秒速でモダンでかっこいいデザインを作ることができますよ。

 

今まではデザイン会社に注文して、なんか違うなと思っていた方もこれを使って実際に作ってみる。うまく行かなかったり、もっとやりたいことができたら、それを元にデザイン会社に頼めばより高いクオリティまで持っていくことができると思います。

 

Canvaはスモールビジネスにピッタリ

Canvaはフリーランスやスモールビジネスをやっている方、営業マン、事務の方などかなりビジネスで使えるツールだと感じました。なにより、本物のプロのテンプレを使うことができるので目も養う事ができます。どういったデザインが目に止まりやすいか、集客できるかなど、そういった部分の改善に役立つと思います。

 

どちらというと、ビジネスマンがこれを対消費者向けに使うのがベストかなと思いました。もし、もっとデザインについて知りたいと思ったらサイト収集サイトも利用してみるといいかもしれません。きっと勉強になると思います。

 

【参考】

SANKOU! | Webデザインギャラリー・参考サイト集

http://alan-trigger.info/

 

【デメリット】Canvaに感じる限界

①高品質すぎる

しかし、一方でデメリットもいくつか感じました。それは、高品質過ぎてブログなどのレベルで使用する機会が限られているという点です。

 

ブログなどは、どちらかというと消費者が消費者に向けて書いています。むしろそれじゃないと書いている意味もないし、読む気も起きないのです。その人が本当にいるから読んでいる。書きたくなる。「等身大のショボさ」 が売りなのです。

 

そうなると、高品質なデザインは逆に風景になってしまう。目に止まらない。スルーされてしまう。そういうコンテンツは「ビジネス」側に感じてしまうのです。Canvaの場合は自分で1から作る場合に少し面倒さがあります。そうした点もネックだなと思いました。

 

②日本向けなデザインが少ない

Canvaは日本語のフォントが多いです。なので、テンプレートの文字を置き換えるだけでそれなりにかっこよくなります。

 

しかし、日本向けのデザインが少ないというのも事実です。どれも、アメリカやヨーロッパ風のモダンでクールなデザインです。日本国内では、そういったデザインはかっこいいという印象がありますが、実際の消費者の行動を見るとそれだけではないように感じます。

 

例えば、先程あげた収集サイトを見てみると、アメリカのサイトだなと思うより「日本のサイトだ、信頼できるな」と思えるデザインが多くありますよね。そこはまさに文化の違いに由来するのだと思います。日本国内の場合、西洋風でモダンであればいいわけではなく、見ていて安心感があるようなデザインが好まれます。そういったテンプレートが増えるといいかなと思いました。

 

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

 

今回はCanvaというフリーソフトについて書きました。これを書くにあたって、日本で好まれるデザインってなんだろうってかなり考えました。一番いいのは、適材適所で使い分けていくことです。

 

  • モダンな印象を与えたいときは、こういったものを使って速攻で終わらす
  • カスタマイズが必要なときは、そのときに時間を使う

 

そういった感じで、使いこなしていくことでより自分のスキルも身についていく気がしました。

 

以上、参考になれば嬉しく思います。

 

 

https://www.canva.com/ja_jp/

 

【参考記事】 

www.ashitamomusyoku777.com