明日も無色

新社会人が世の中の「本当に」気になることを妄想的思考で書くブログ

誰でもなれる「ひきこもりニート」になる直前の心理や予兆、対策について書いてみる試み

f:id:arufred45Hoo:20190718132658j:plain

Photo by James Eades on Unsplash

 

追記:2019/07/17 

この試みは失敗しました。個人的に書き抜くことができなかった失敗な文章です。

 

こんにちは、青色申告です。

 

今回は、試み、ひきこもりになる一歩手前の心境および直前でとどまっている理由についても書いてみようと思います。

 

最近では、いろいろなニュースで「ひきこもり」というものが引き合いに出されています。しかし、今となってはどんな人でもなりうるものなのではないか?と思ったので、広く多くの人に通じればうれしく思います。

 

【目次】

 

ひきこもりニートについて

まずざっと、世間の状態について確認してみましょう。

 

統計によれば、ひきこもりニートは現在50万~100万人いるとされます。とても多い気がしますね。引きこもっていないニートも加えると合計200万人いるとされます。きっとプラスアルファで見れば300万人くらい働いていない人がいるのだろうと思います。

 

国内の労働力不足という観点からも考えると、最大で600万人分の仕事が余っているとされているのですから、もったいない気もしてきますね。

 

しかしながら、女性の雇用や外国人労働者、生産性の向上や市場の縮小なども考えると、国内の労働力不足に与える「ひきこもり」は大した問題ではないかなとも思いました。それよりも、ひきこもりに対する社会保障や介護、家計問題などのほうが直近の最大の問題点であろうと思います。

 

【参考】

「ニート」「引き篭もり」は2017年以降も増えていくのか?その違いと世界の事情 | ソロでも生きていける資産運用

 

なぜ、ひきこもりたくなるのか

これについても多くの方が、当事者記事を書かれているので、あくまで個人的な枠内で述べてみようと思います。

 

  • スキルがない
  • 働く場所がない
  • せっかく大学出たのに、つらい仕事しかない
  • 世間と理想とのギャップ
  • 過重な期待に耐えられず、つぶれる
  • 焦り感

 

こうした理由で押しつぶされて、ひきこもってしまうのだろうと思います。自分的にはそんな感じでした。

 

【参考】

中高年の引きこもりは61万人、増加する「引きこもり夫」の特徴や環境とは(LIMO) - Yahoo!ニュース

【8050問題】引きこもりの方の6割近くは、もともと「内向的<社交的」という結果に。しかし、引きこもりの原因1位は「対人関係」。受け皿となるのは家族か、企業か、社会か。|ゼネラルリサーチ株式会社のプレスリリース

 

僕が完全にひきこもっていない理由

それは、周りからのプレッシャーが「目に見えては、ない」からです。

 

実際、親族も働いていないことに「軽蔑」や「説教」などをしてくることはありません。これで、軽蔑や説教などされてしまっては、すべての心をシャットダウンしてしまうだろうなと感じました。

 

加えて、実際のところ働いていないことに焦りは感じています。たぶん、引きこもっている人すべてがそう思っているのではないでしょうか。何も周りに人に思わないで、ひきこもっている人はいないはずです。

 

常に焦ってるし

やばいと思ってるし

前と同じような感情で生活を送りたいと感じている

 

なので、休みながらではありますが、できるだけのことはしていて、それも手前味噌ですが「いいこと」なんじゃないかなと思っています。僕はやんわりと放っておかれていることで、何とかなっている気がしています。

 

ひきこもりの心理

特定の誰かを想像して書くことはできませんが、長期化しやすい「ひきこもり」についてまとめてみようと思います。

 

  • 親族が過干渉、教育・学歴家庭
  • 日頃からコミュニケーションが少なかった
  • ひきこもり本人が責任感が強い

 

うーん、申し訳ありません。ケースバイケースすぎてうまくまとめられる気がしません。しかし、上記3つのポイントはあるのではないかと思っています。

 

言葉にして書いてみると当然な気もしますね。後述もしますが、引きこもりは98%が自分の問題だと思っています。自分で解決していかなければいけない、心のトラブルでもあるのです。

 

そのような中で、ありもしない想像で干渉されれば、余計に問題が増えてパニックになってしまいます。だから、放っておかれるのが一番いいのかもしれません。

 

しかしながら、そうやってみて8050問題が起きて、80歳の要介護の親と50歳のひきこもりの子供という問題も起き始めているのも事実でしょう。

 

うわーーー、若輩者の僕では解決策は見つかりません!!

 

  • 50歳のひきこもりはアルバイトはできないでしょうか
  • もう心は捻くれまくってコミュニケーションもとれないのでしょうか

 

僕はそんなはずないよな、きっと言葉は通じてるよなと願っています。僕はまだ50代ではないの、40代でリストラされてひきこもる方の心理までは把握できません。

 

非常にもどかしいけれど、40代以上は誰かの死が付きまとってきます。誰かの老後や自分の老後です。うわー難しすぎるよ。

 

でも、それを解決できるのは「ひきこもっている彼彼女」しかないのでは?と思っています。

 

自分で解決できる問題なのか

おそらく、ひきこもっている人は「自分で解決」できると思っています。これまでもこれからもそうするつもりでしょう。確かに、そうなのでしょう。

 

しかし、個人的には1年以上続いたら解決もできないのではないか?なんて思っています。

 

あれをすれば

これをすれば

 

1年以内にそれをやって脱出できなければ、外にきっかけを作るしかありません。

 

平気な顔してアルバイトの面接を受け、

ハローワークにいってみて、

平気な顔して就労支援を受ける

 

それしか現実的なところ策はないのでは?と思っています。「平気な顔」と言っているのは軽蔑ではなく、だれも気にしてないのだから平気な顔で平然と厚顔無恥で受けるのが一番心の負担も少ないと感じているからです。

 

ひきこもりについて調べて思ったこと

以上書いてみて思ったのですが、明快な言葉で書くことができませんでした。

 

 

【参考:行政】

神戸新聞NEXT|総合|ひきこもり支援課を新設 明石市が7月 中核市で全国初

  

どの観点からもなんか書くことができませんでした。というのも、ひきこもりというものが自己完結的な問題だと思ってしまったからです。

 

自分で解決しやすいような時間と余裕を作ってあげるだけで解決しそうな問題だと思ってしまったのです。とても浅はかな考え方ですよね。この文章を、ひきこもりの人、家族が読んだら怒ってしまいますよね。

 

でも、僕の中には根源的に、「引きこもってるひとは休んでるだけ」っていう思いが強いんですよね。それを騒ぎ立てるから問題になってしまう。

 

休ませてあげてよ

 

今まで、仕事とか勉強とか組織とかで頑張ってきたんだからさ

休んだら勝手に外に出ていきたくなるから

 

って。

 

浅薄な文章ですよね

あー、せんぱくやー

 

以上、試みに失敗した文章でした。

 

【働くっていやだよね】