明日も無色

社畜が世の中の「本当に」気になることを妄想的思考で書くブログ

【残業代削減してるのに】給料が上がらない理由と今後の将来をちょっと考えてみた【働き方改革】

f:id:arufred45Hoo:20190530015533j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今回は、残業代削減してるのに、給料が上がらない理由をちょっと考えてみたので、書いてみようと思います。

 

あくまで個人的妄想なので、気軽に読んでみてみてください。

 

【目次】

 

給料が全然上がらない末路

最近では、ニュースを見ていると働き方改革によって、早帰りする人が増えてきたみたいです。

 

実際、Youtubeの実況者やTwitchの配信者も結構早めに帰宅して、配信していることがあるので、残業減ったのか!と思ったのです。

 

しかしながら、給料が上がったという声は聞きません

 

むしろ、残業代が削減されて、残業代前提の生活が崩壊しつつあるなんて話のほうがよく聞きます。

 

そうなると、労働者はお金もない状況で、早く帰り、何をするのか。

 

  • 転職活動
  • 娯楽作業
  • 自己投資のため、スクールへ行き、勉強する

 

などでしょうか。これは一見まともそうに見えますが、真面目な人ほど、今所属している企業のためではなく、自己価値を高めるための活動をし始めます。

 

婚活するという案もありますが、給料も上がらないのに婚活する20代男性はほぼ皆無でしょう。むしろ今の世代は結婚っていう発想にすら行かないので、そういう意味では家庭生活を落ち着かせるという発想には行きがたい。

 

将来結婚するためにも、良い給料のもらえるところへと探してしまうでしょう。

 

結局、現状の会社にとってなんのメリットもない状況になるでしょう。

 

中小企業も疲弊

また、残業規制によって、大企業が軒並み残業しなくなるということは、その下請け中小企業の納期や作業量が急激に早くなると言うことです。

 

そんな状況で、中小企業は残業させないという選択肢を迫るのはあまりに酷です。

 

仕事を断るほかありません。最悪では、店じまいもありえます。

 

結果大企業の仕事は減ってしまうことも出てくるでしょう。

 

なぜ、給料が上がらないのか

 

内部留保

労働者の気持ちとしては、減った残業代を労働者に還元してくれという声もあるでしょう。

 

内部留保として溜め込まないで、バンバン払ってくれと

 

しかし、現状ではそれも叶いません。

 

理由は、実際のところ残業分の仕事は消化されていないからです。部下を帰らせたあとの上司やどこかしらの部門が尻拭いをしているだけなのです。

 

なので、実際のところ労働という意味では還元しようにも単純に働いていない分は払えないよという理屈になってしまうことでしょう。

 

終身雇用前提の雇用

もちろん、朝活しまくって隠れ残業している人も膨大な数がいることでしょう。そんな彼らは給料を上げてしかるべきです。

 

しかし、現在の終身雇用前提の雇用状況だと、一回上げたら、下げるのが難しい

 

だから上げることができないというのもあるのでしょう。

 

人材不足の業界は限られている

人材が不足しているんだから給料上げてくれという発想もありますが、それはあくまでニュースの話です。

 

もっと具体的に考えてみましょう。

 

実際のところ、人手不足な業界は限定的(飲食、介護、IT)です。

 

多くの既存産業は本質的に人手不足ではありません。日本を支えてきたと言われる産業は軒並み疲弊していて、人手を非正規労働に切り替えています。

 

人手が足りないというのはどの会社でもそうですが、

 

その原因は、無駄な仕事や無駄な作業のせいです。本当に必要な部分を考えてみると、非正規を増やしたり、会議をなくしたり、ツールを導入したりすれば解決できることがほとんどです。

 

そうした状況で、正社員を増やすとか、給料を上げるとかにならないのが多くの場合ではないでしょうか。

 

またその他、労働組合の力が弱くなったとかもありますが、僕的には以上3点が給料が上がらない理由だろうなと考えました。

 

【参考】

日本人の給料がほとんど上がらない5つの要因 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

残業代の還元なくして働き方改革の成功はない|3つの還元手法

年収400万前後の人は、働き方改革が進めば「家計崩壊」の可能性(北見 昌朗) | マネー現代 | 講談社(1/4)

 

内部留保は蓄えられ続ける

結局、人はどんどん抜けていくでしょう。

 

空いた時間を使って、転職活動や技術習得を使って、本当にやりたかったことなどに挑戦する人も増えるでしょう。

 

結果として、人手不足感は維持されたまま。古参兵がいなくなり、常に入れ替わるので、企業の力は強くなることもないでしょう。

 

結局強くなるのは、優秀な人を集めることができる資産をもった企業だけになる。

 

そういう意味でも、内部留保を蓄えているのかもしれません。

 

将来起こる金額のために大企業ほど蓄えておく必要があります。

 

更に大企業なんかは投資活動やM&Aなんかで直接会社を買ってしまうかもしれません。すでにある人材ではなく、すでにある外にある能力をお金で買ってしまうわけです。そっちのほうが効率がいいですよね。

 

今いる人をお金をかけて改善作業をするより、新制度のもと新しくスタートしたほうがイメージ的には効率が良さそうです。

 

長期的に見ても、内部留保は減らなそうですね。

 

終身雇用前提の雇用をやめたらどうなるか

では、終身雇用前提の体系を改めたらどうなるでしょうか。

 

個人的には、それもあまりいい将来が見えません。現状の日本人の文化として浸透したその雇用を改めたら、トップ層は黙ってないでしょう。

 

給料上げるけど、ガチガチの成果主義で行きますとなってついてこれる人はどれくらいいるのでしょう。一定層は抜けるような気がします。

 

一方で、それによって、あまり仕事をしていない人を解雇しやすくなります。解雇条件が緩やかになれば、それだけ、企業活性化にも繋がります。

 

一長一短ですね。

 

正社員の高度化

またこれによって、一時しのぎのために非正規労働者が増加して、より正社員に求められる能力は高度化するでしょう。正社員にはなれず、非正規労働者の数は更に増加するかもしれません。

 

もし、現状の賃金体系ならそれは悪夢を意味します。

 

老後のことを考えても、自分で稼ぐ道を視野に入れざるを得ません。

 

(ここらへんは、以前から似たようなこと言ってるのであっさり流します。)

 

現状の教育体系から変えないと根本的解決にならない

しかし、そのようなことを言われても、現状の教育ではそのような自発的な力を養うような発想は養われません。

 

今の優秀な大学の教育は何一つ、お金にならない。

 

暗記して、暗記して暗記してテストやって、はい、合格

 

全く社会で役に立ちません。

 

確かに思考力や知識力は様々な面で役に立つでしょう。しかし、大学卒業後の物足りなささたるやパナイ。

 

採用試験もいい加減変えよう

採用試験でもそうです。

 

  • テスト受けて、はい、基礎学力OK
  • グループディスカッション、はい、コミュ力OK
  • 面接、人柄、やる気OK

 

もうね、ため息出ちゃう。

 

グループディスカッションなんて、本当に無駄な気がします。

 

実際の会議なんて、ほとんど喋る機会なんてないじゃないですか。

 

自主性?あんなグループディスカッションのために作られた定型文的な討論が会社で出てきたらどうしますか?

 

「部長!貴方のおっしゃることはとてもいいと思いますが、私個人としてこういう案がいいと思います。皆さん(課長以下)はどうですか?」

 

こんなこと新人が言えると思いますか?言えるわけないですよね。

 

多分100%近い人が「そんなやついらない」と思います。でもそんな意味もないグループディスカッションに意味はあるのでしょうか。

 

僕的にはバイトの面接くらいでいい気がします。

 

変な人じゃなかった、人がほしい、OK採用!

 

くらいのほうが圧倒的にスピーディです。

 

バイトの場合、仕事ができなかったらすぐクビというのも好感が持てます。また職歴というのも重視されず、結果が尊重される点も好ましいですね。

 

正社員採用の場合、終身雇用で一生会社に捧げてくれる人を求めているので、それだけ慎重にやっているのかもしれませんが、本当に構造改革して終身雇用前提をやめるなら、これぐらい必要かもしれません。

 

一定の足切りをして一回働かせてみてから確認する

 

そのほうがよっぽど採用コストもかからなくていいのではないでしょうか。

 

最後に

僕的には、もし何も変えないで売上増やして、残業減らしてなんてのは無理だと思っています。

 

あっという間に、疲弊しまくって病院で治療代に全部吸い取られます。

 

企業規模を減らして、国全体でスモール化するほうが現実的なところではないのかと思っています。

 

人口減少、少子化、高齢化

 

どう考えても、スモールタウンで相互扶助的な構造に持っていったほうが、うまくいく気がします。

 

何かを犠牲にしなければ手に入らないコマがある。

 

それを是非、今人気のオートチェスから学んでほしいなと思いました。

 

 

 

「違うぞ、俺は違うと思うぞ!!お前の意見は全部間違いじゃ」なジョジョな熱い猛者な読者の方もいるかも知れません。妄想なので98%くらい間違ってるかもしれないことをご了承ください。

 

 

【関連記事】 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

www.ashitamomusyoku777.com