明日も無色

新社会人が世の中の気になることを書くブログ

【賞金総額20億円!?】日本でMOBAが流行らない理由は、国民性にあるとみたって話【イライラしたくない】

f:id:arufred45Hoo:20181122210909p:plain

Alistar Versus Olaf | League of Legends

 

こんにちは、青色申告です。

 

今回は、本当のゲーム好きならきっとたどり着くMOBAっていうジャンルのゲームが日本ではやらない理由を書こうと思います。

 

【目次】

 

MOBAって簡単に言うと

MOBAって言うジャンルはきっとある程度知っていると思うので簡単に書きます。

 

  • チームで目標を破壊しする陣取りゲーム
  • 役割がキャラごとに合って、チームで勝つ

 

これだけのゲームです。他にもたくさんあるんですけど、正直これだけでゲームができます。

 

おそらく世界的に見れば、ナンバーワンのゲームジャンルと言えるでしょう。

リーグ・オブ・レジェンドでは月間アクティブユーザーは一億人を突破しました。

 

もう一つ人気なものでは、「Dota2」などがあり、大会では総額20億もの賞金が出ることもあるほどの人気ぶりです。もう完全なスポーツです。

 

こうなってくるとゴルフのようなものに考えられなくもありません。ゴルフも一般人からすれば遊びにも見えますよね。でも、プロの人がいて、観客がいて、賞金がある。だから完璧なスポーツとして認知されてもいます。

 

なぜ、eスポーツは遊んでるだけって言われてしまうんでしょうね。笑笑。すでに世界ではスポーツなのに。

 

また、先日lolのPVも一気に急上昇1位になるほどインパクトが有りました。それほど、今現在mobaが世界中で人気になっているといえます。

 

 

www.youtube.com

 

なぜ日本で流行らないのか

なぜこんなに世界中で流行っているのに、日本では流行らないのでしょうか?

 

  • ルールがわかりにくい
  • 覚えることが多すぎる

 

こういった理由が挙げられるでしょうか。しかし、それは本質的な理由ではないと考えました。

 

  • 下手くそなプレイヤーに合わせるのが下手くそ
  • 負けたのを自分のせいじゃなくてチームのせいにしてイライラする
  • 相手のヘイトに心が耐えられない
  • 気軽にできない

 

こういったことが根本的な理由だと思います。

 

なぜ日本人は他者を気にすることだけに長けているのに?

 

一見すればMOBAというジャンルは、日本やアジア圏でドハマリするように見えます。

 

なぜなら、空気を読むのが大好きだからです。

 

空気を読んでキャラピックをして、空気を読んでチーム同士カバーしあってができるはず。いやむしろ、大好きなはずです。

 

一方で欧米といえば個人主義、能力主義で個人が優秀でなければだめ!的な雰囲気があります。なぜ、MOBAなんてものが人気がでるのでしょう?でなそうな気がしてきます。

 

しかし、実際は流行っていない。

 

  • ゲームの進行がわかりにくい
  • プレイ画面が見にくい
  • ボードゲームみたいな感じがして面倒

 

などの理由はあるにしてもやっている人が少なすぎる。

 

実は他人への関心の持ち方が日本人は特殊なのかも

 

僕的には、

 

日本人は共同生活を重んじている割には、いや、重んじているからこそ他人を遠ざけることに長けている

 

と思います。

 

他人との距離感をかなり重要視し個を守る

 

そういった側面が強いように感じます。

 

常にMVPだけを取るためにヒーラーでもキルを取りまくり、チームとして勝つというゲーム性には合わないのかもしれません。

 

なぜなら、それは個を守るのではなく、貪欲に勝利をもぎ取るために動く必要があるからです。

 

日本の場合、圧倒的勝利よりも平均化された安定を重んじる傾向があります。そのくせ、誰かの勝った負けただけは厳しく批判しますよね。笑。

 

僕は、そうした自己目的意識を持ってやらないといけないゲームがあまり日本人に向かないのかなと思いました。

 

韓国ではすごいブームなのに

お隣韓国ではMOBAはeスポーツの代名詞として大会が数多く開催されています。

 

国を挙げて、eスポーツを奨励しているせいもあって、プロプレイヤーもかなり強いです。しかし、日本はきっとしばらく流行ることはないだろうなと思います。

 

ヘイトを嫌い

 

とにかくストレスなくできるゲームだけを愛す

 

だけになりそうな気がしてきました。

 

ゲーム自体はやる人も増えてきました。スマホアプリで課金する金額とかも世界的には多いような気がします。でも、中身を見れば、ゲームと呼べないものばかり

 

ゲームというか、ストレスなく気軽に簡単にできるようなプレイヤーが増えただけでした。

 

ガチャを引くことが目的化したゲームが浸透しただけで、実はゲームは暇つぶしというものでしか存在権を得られていないわけです。

 

それが今の日本ゲームプレイヤーの実態なのではないでしょうか。