明日も無色

新社会人が世の中の気になることを書くブログ

【オープンワールドの限界】お使いゲームGTA5がなぜあんなにつまらないのか考えてみた【PS4/レビュー】

f:id:arufred45Hoo:20181112102422p:plain

公式HPより

 

こんにちは、青色申告です。

 

今回はグランドセフトオート5が思いの外楽しくなった理由を書こうと思います。

 

【目次】

 

グランドセフトオートの面白かったところ

グランドセフトオートはオープンワールドの先駆者的ゲームですね。

 

僕はPSP版でハマりました。

 

こんな小さいゲーム機の中に、また世界が広がっている。なんてすごいんだ。って思っていました。

 

それこそ、散歩しているだけでも、空を見上げているだけでもワクワクしましたね。

 

ゴミが散乱しているのを見ても、路地裏を歩いているだけでも素敵な気持ちでした。

 

それは、他にはなかった体験だったのです。

 

まさに、第二の人生がそこにはあるかのような世界体験でした。

 

実際に買ってみた

jp.ign.com

 

おそらくすでに1億本も販売されているGTA5。多くの人にこんな長い期間楽しまれている本作品だからきっと楽しいだろう!と思って購入してみました。

 

PSP、PS3のときに楽しかったという思い出補正もありました。

 

しかし、それはあまりにも残念な状況でした。

 

つまらなくなった理由

今ではオープンワールドゲームが散乱している状況です。

 

そうすると、グランドセフトオートというより、オープンワールドの問題点が浮かび上がってしまいました。

 

  • お使いクエストがめんどくさい
  • お使いをして楽しいと感じない

 

オープンワールド特有の「お使い」。世界が広がっているから、行ってほしい、探してほしいという意図なのかもしれませんが、正直めんどくさい

 

自分で探したいのに、なにか強制されているかのような気がしてしまうのです。

 

加えて、GTA5には以下の不満点がありました。

 

  • 動きがもさい

 

動きがもさかったのです。何をしても、もさい。リアル志向なのはいいのですが、ゲームなのでもっとスカッとするアクション要素があっても良かったのではないかな?と思いました。

 

ゲームをする目的がわからなくなった

 

お使いクエストもめんどくさくなって、じゃあ、散歩だけすればいいか?ともなりますが、Falloutのような発見は特にありませんでした。

 

入れない場所はないと言われたGTAですが、入れないところばっかりでした。

 

そうなると、実質的に入れるところは決まっていて、散歩にもならない。

 

通行人の反応も画一的なもの

 

そうなると、これはオープンワールドなのか?とすら思ってしまいました。

 

コラム:作り込みがすごいという点について

 

確かに、プロップ群の作り込みはすごかったです。そりゃ制作費あんだけかかるわなと言う印象でした。

 

しかし、それだけでした。

 

なんというか、ゲームとして楽しくないと思ってしまいました。

 

最後に

ゲームとして楽しいと感じるのは人それぞれです。

 

きっと、GTA5の「世界の作り込み」に惚れた人がたくさんいると思います。

 

YouTubeでは「こんなことをフレンドとしてみた」とか自分たちで作り出していく面白さに魅了された人も多いと思います。

 

しかし、ソロプレイヤーは何をすればいいのでしょう。

 

Falloutは謎解き世界がどうなっているのかを知るのが楽しさでありました。

 

この作品も動きはもっさりしてましたが、「散歩」「探求ゲーム」としては最高峰でしょう。

 

しかし、GTA5にはその要素はあまりないような印象を受けました。キャラクターに没入して、暴力行為をするという要素も多くの点で阻害され、没入する前に飽きてしまいました。 

 

今やるならFallout76のほうがおすすめかなと思いました。

 

以上感想でした。