明日も無色

新社会人が世の中の気になることを書くブログ

君が仕事を続けていい理由を100個書きたいと思った。

f:id:arufred45Hoo:20180930011649j:plain

Photo by Tyler Nix on Unsplash

 

こんにちは、エブリデイ終電、青色申告です。

 

今回は「あなたが仕事を続けていい理由」を書こうと思いました。特に、仕事がうまく行かなくて、「こんなポンコツやめたほうがいいんだ。向いてないんだ。」って思っている世の中のポンコツドリーマーに向けて書こうと思いました。

 

本当は「レッツ転職!!」→「レッツ!転職サイト登録!!」なんて記事を書いたほうがオトクなんですけど、僕的には無駄な記事なので今日も思ったことを書こうと思いました。

 

【目次】

 

向いてない仕事

僕がこの記事を書こうと思ったのは、自分がほぼ毎日「向いてないんだ」って思っているからです。

 

定時で帰りたい

てかゲームしたい

 

定時で帰れる仕事につきたい

てか休みたい

 

そんなふうに思って検索をかけると、僕が以前書いた

 

世の中に定時で帰れる会社なんて実質的に存在しない」なんて記事が出てきて、もうネットには僕が求めている答えなんてないなってことに気がついてしまいました。

 

じゃあ、どうすりゃええの!!ってなってネットをいつもどおり眺めているとこんな記事が出てきました。

 

www.lifehacker.jp

 

うわーいかにもって感じに記事じゃないですか。もう俺にはモチベーションもかけらもないけど。。なんて思ったりしました。

 

でも読み進めると、なるほどこれが簡単でいい。

 

今できることをただすればいい。

今ここにいる自分を自分で評価すればいい

 

僕はそのように解釈したら、あ、もう少し続けられそうだなと思いました。

 

世の中のポンコツドリーマーへ

僕が想定してるターゲットは、仕事を頑張っているんだけど、何故かうまくいかない。上司には怒られまくって、「お前何考えてんの?」っていびられている労働者です。

 

きっと毎日、自信もなくてでも仕事をしなくちゃいけなくて、でもうまくも行っていないでしょう。

 

やめようかな

向いてないんだな

いても仕方がないんだ

 

なんて思ってはいませんか?

 

多分世の中にはこういった思考でやめていく人が多いと思うんです。

 

説教されまくって「うわー、もう辞めたい」なんて思考で。

 

でも会社側からすれば、やめてほしくないってのが50%。成長してほしいってのが50%ってのが本音です。やめてほしいなら直接いうので。

 

だから怒られていいのかというとそうではありませんが、怒られていい思考はいくつかあります。

 

それは

 

自分がその仕事に夢を持っているか

楽しいと思える瞬間があるか

さらにその説教に成長するキーワードがあって、自分の将来像にあっているか

 

という視点です。

 

僕の場合、前職ではそういった視点を検討しても0だったのでやめました。終電じゃなかろうが、給料が良かろうが、そういった視点が皆無だったので怒られる価値がなかったのです。

 

もちろん、説教サイドの、成長してほしい50%、会社で活躍してほしい50%、妬ましい2%くらいの気持ちは理解していました。でも、そうして成長して見える世界はとても孤独で、真っ暗な将来だったのでやめただけでした。

 

今の僕の仕事はそうした観点からすると、まだまだやめていいフェーズではありませんでした。先人と比べて、仕事ができないのは当たり前。でも、一年前の僕よりいい仕事ができるようになっている。新人よりはいい仕事ができていると思えている。

 

そう考えると、まだやめなくていいと思いました。

 

君が仕事を続けていい理由を100個書きたいと思った。

100個書きたいと思ったんです。でも思いつきませんでした。笑。

 

でも仕事を続けたい人は思考を変えれば働き続けることが可能です。上司に疎まれようとも、言葉と仕事を日々向上させて働き続けてほしいと思いました。

 

仕事ができないのは当たり前。でもなんとか頑張ってほしいと思いました。

 

続けたい理由がまだあるのなら。

向いてないけど、ワクワクする瞬間がまだあるのなら。

 

最後に

実は、最近ブログ書いても仕方ないよなー。200記事も書いてこんなもんか!!って思ったりして、無駄やん。書いても無駄やん。って思ったりしてたんですけど、

 

書いたら続けたらなにか変わるかもしれん。って思ったので書くことにしました。

 

以上です。