明日も無色

新社会人が世の中の「本当に」気になることを妄想的思考で書くブログ

自分は大人の発達障害かもしれないと思った。それでも何も不安じゃなかった話【僕はどう見える?】

f:id:arufred45Hoo:20180602224418j:plain

 

更新日:2019年2月13日

 

こんにちは、青色申告です。

 

今日はタスクを一つ一つ潰していました。その一つとして、発達障害とはなんぞやということを調べて、その結果を書こうと思います。

 

【目次】

 

この社会で生きていくのが困難すぎる

以前こんな記事を書きました。

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

それから更に考えました。

 

やべえな、まじで俺「発達障害」じゃないかって。

 

【発達障害かもと思ったときの流れ】

そして僕はすぐさま行動に移しました。

 

こんなときは病院だ!って。

 

以下手順を書いておきます。

 

①発達障害支援センターのHPを見る

www.tosca-net.com

 

そうすると、発達障害についてサポートしてくれる病院とか教えてくれます。

 

【参考記事】

www.adhd-tsukiko.com

 

で、書いておきながらなんですが、この類の記事はたくさんあるので割愛します。

 

実体験としてのことだけ書きます。

 

病院の予約が取れなさすぎる

初診だと予約をしていかないといけないのですが、まじで取れない。取れなさすぎる。え、こんなに予約取れないの?ってくらい!

 

口コミで評判のいいところはほぼなかった

ほぼいいところはなかったです。

 

一部確かに「専門」みたいなところがありましたが、市場の原理で「バカ高くて」もうね。無理なんすけどって思いました。

 

なんか正確じゃなかった

薬だけ出された

話も聞いてくれない

 

というコメントも多かったのですが、それは当たり前かなと思いました。

 

youtu.be

 

この人も言ってるように、なんか認知度が広まったことで患者予備軍が殺到しているみたいなんです。

 

だから診察時間も15分しか取れない。発達障害という新しい「障害」を診断できる医者も少ないので効率重視にならざるを得ない。

 

加えて、レビューとか記事を読むと

 

h-navi.jp

 

 

もう、自分が「できない」理由が完璧にほしいと思い込んでいる状態だと診断書だけが目的にすらなってきます。

 

それが医者はわかっているから、結果的に「薬」を処方するのです。

 

それが患者の求めている正解だからです。

 

心の中では本当の自分の生い立ちから何からすべて聞いた上で「病気じゃない」といってほしいのですが、表層では「病気」といってほしいのです。

 

病院ではなくてサポート施設のほうが効果的

decoboco.jp

 

だから一番効果的に、自分は病気の可能性が高いと思いたいのであれば、↑の記事にあるようにサポート施設でテストを受けてみるのがいいのです。

 

お金もかからないので最高です。ただ、なんか人が殺到している可能性もあるので時間はかかるかもしれません。

 

「診断」を受ける意味はあるのか

で僕はこのテストも受けることは意味ないなと思いました。(え、この考え方すらも障害だったりするのかな。。)

 

だって、ある程度自己分析で「そうだ!」と思ってテストを受けているわけじゃないですか。それだと、「ゴール」がわからないなと思ったからです。

 

本来のゴールは

 

生きにくい社会で少しでも生きやすくすること

 

じゃないですか。それがわかっているなら病院もテストも不要なのです。

 

だって、自分が病気と確信しているなら、それがたとえ病気ではなくてもそのせいで問題を解決していかなければならないのであれば「薬」も「医者」も不要で、自分の問題点を分析して「生き方」を変えるほうが早いなと思ったのです。

 

もちろん突発的に切れてしまうや動かないとやっていられないなどの症状がある場合、安定剤のような薬で「抑える」などはできると思いますが、なんか薬に依存しそうで怖かったんです。薬に依存するということは出費がかさむことです。お金にもいぞんしてもっと逃げられなくなります。

 

健康が一番です。

 

僕は以下のようにして自己分析していきました。

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

www.ashitamomusyoku777.com

 

結果、ASD的な傾向があるなと理解しました。

 

でも、

 

それだけだな

 

と思いました。

 

それだけに過ぎないんです。

 

障害は病気ではありません。傾向に過ぎないのです。もちろん病的なレベルに達している人は急いで病院に相談に行くべきです。しかし、傾向はコントロールできないにしても、生き方を、道をうまい方向に行くようにいきていけばいいじゃないのって思いました。

 

変えられないなら、迷惑をかけないように自分で選択していくのが大切だなと思いました。

 

どうしたら、自分に向いている選択ができるの?

僕の場合は、働き方で迷いました。自分に何があっているのか。何が正しいのか。ASD的な傾向が強い場合、誰かと一緒にいると問題が起きがちです。だからフリーランスや仕事が明確な職業がいいのかなと思ったりしています。

 

でも正解は出ていません。何度も諦めず、トライし続ける。他の人にできることを、自分はできないこと前提でトライし続ける。それが正解なような気がしますし、正常な人も同じことをやっていると思います。(正常って何w)

 

諦めたら、楽ですけど、それって発達障害と言う言葉の影に隠れてしまいたいだけなような気がします。障害という言葉に隠れないで、できることからやってみるのが大切な、いや、それをやるしかない気がします

 

そうしたら、不安に思う必要なくね?って思ってしまいました。笑。

 

僕がいつも自己分析に使っている方法は下記記事にある、ホランド理論を利用してます。怪しくない、結構一般的な職業分析に使われるやつです。ノートがあればできますからやってみてくださいね。

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

発達障害かもと疑ったら立ち読みしてほしい本

 

以前こんな記事を書きました。

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

ここで書いたこの本は本当におすすめです。発達障害ではないとしても、会社でうまくいかない人はきっと当てはまる事が多く書かれています。

 

ぜひ本屋さんで立ち読んでみてください。立ち読むだけでいいです。僕は少し読んで当てはまりすぎてそのまま購入しました。いい本です。

 

 

 

【最後に】天才にならなくていい、なってもいい、そのままでいい

うわ、6000字超えた。。あ、そういえば大学生の頃、3000字以上でよくて3冊以上文献を読んで書くレポートがあったんですけど、僕は13冊読んで1週間かけて23000字を書いたことがあります。(少し読みにくかったので、記事を分けました)

 

それも今も全部「病気」のせいだとしたら、それって「病気」なの?って思うんですよね。悪いことなの?治すことなの?って。

 

もちろんこうしたいい部分だけでもなくて、実際上司をブチ切れさせるという問題があって、なんでキレてんの?馬鹿なの?って思う時点で病気なのかもしれません

 

もちろん、勉強ができなくて、何もかもできなくて困っている人もいて、僕は私は有名人みたいな才能はない「タダの凡人+発達障害」という方も多くいるでしょう。

 

だから僕は最後に言いたいのは、「そのまま精一杯やるしかないじゃない!」ってことなんです。僕の場合は、あらゆることに対して天才になっていくしかないとか思ってますけど、実際それは思い込で、何いってんだって声も自分の中でしたりしています。

 

でもその見えた先を掴んでいくしかない。自分を生きていくしかない!って思うんです。

 

調べると、こうした症状が出ている人は数多くいると思います。僕はその人が気づいていない特性がきっとあると思うんです。いや常人よりはるかにあります!

 

僕はまだ少ししか気づいていません。きっと思い込みかもしれません。あと200回くらい失敗しそうです。

 

でも僕は言いたいんだ。思い込みでも病気のせいでも、障害のせいでも構わないから。

 

全然悪いことじゃないって。

 

じゃないと、辛すぎるよ。。

 

以上思うことでした。

 

【この記事も面白かったよ】

え、美人!って思いました。はい。

soar-world.com

 

この漫画面白かった。いい画風でした。

【連載】『おとなの発達障害かもしれない!?』第1話「即答即検査」 | ダ・ヴィンチニュース

 

 

【関連記事】

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

www.ashitamomusyoku777.com