明日も無色

新社会人が世の中の気になることを書くブログ

僕はASD( 自閉症スペクトラム)かもしれない編

f:id:arufred45Hoo:20181217121839j:plain

Photo by Nicolas Steave on Unsplash

 

こんにちは、青色申告です。

 

今回は前回の記事の続きです。

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

【目次】

 

はじめに

自分は発達障害かもしれない。でも具体的にどれなんだろう?と思って考えてみました。

 

まず該当しそうな症状を洗い出しました。

 

そうすると、10人に1人は妄想的にでも自分は「障害だ!」って思っているアスペルガー症候群の症状に近いと思いました。

 

【分析に使った記事はこちら】

自閉的傾向のある子どものチェックリスト | ADHD、アスペルガー、発達障害 子育て支援サイトKidshug【キッズハグ】

大人の発達障害 チェックリスト : 発達障害とは - 株式会社Kaien

アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴を詳しく解説します。【LITALICO発達ナビ】

「大人の発達障害」を疑ったら試したい20のチェックリスト | 文春オンライン

発達障害の5つの顔の特徴。美男美女で顔立ちの濃いソース顔 | 発達障害で生きていく。

この行動は発達障害?それとも性格?見極める3つのポイント | 発達障害で生きていく。

 

どうだったか詳細に分析してみた

 

ASD: 自閉症スペクトラムに一番近いなと思ったので以下内容を書いていきます。

 

【幼少期】

・屁理屈が多かった。

・いつも決まったトイレで用をたす

・自分で決めた順番通りにすすまないと泣いて怒る

 

幼少期は当てはまることがあったのか覚えていないことも多かったのですが、項目がまじ多くてヤンなりました。でもまあ、こんなもんだろって思う項目が多く、さしてそれで幼少期問題になるようなこともなかったので、別に心配することもなさそうだなと思いました。

 

でも、僕の幼少期は今振り返ると「問題児」でした。母親に対してではなく、社会に対してでした。

 

僕は傍若無人で、誰かを傷つけてばかりいました。何かを取ることは普通のような価値観でいたように思います。テストの項目に当てはまらないですが、確実に「悪」だったように思います。

 

【今現在の特殊性】

・多分、誰も聞こえない音がいつも聞こえています。聴力異常

・人混みの中でずっと声を聞き分けることができる

・色味のちがい、キャラクターの違い、見た目に自分ルールがあってそれに反するものは「価値がない」と思う←マイルール?

記憶力、集中力が高い。全教科暗記できました。

両極端な思考

・独り言が多い

・言葉を話せても、「て・に・を・は」を使っていなかったり、使い方が間違っている

・相手の気持ちを考えない発言をする。

空気を読んだ発言ができない。複数人で会話ができない。1対1ならどんな相手でも無敵。

・時々会話に夢中になると誰よりも声が大きくなる

・『綺麗な身なりのつもりでも、清潔感がないと言われてしまう。』これも言われて克服しつつあります。
・『相手がついている嘘や悪意がわからず、騙されてしまう。』とりあえず騙されまくったので、全部ウソだと思っています。
・『うわさ話や陰口がどうしても許せないし、自分でも言わない。』許せないけどいいます。

・球技は苦手、短距離走は学内で一番でした。

・顔は人によっては外人と言われることもあります。海外行くときに便利です。

・数字は苦手ですが、マイルールで生きているので数字に意味を見出し、言語化することで克服しています。なので、数字はよくわからないですが、数学は平気でした。

カラオケに行くと気分の落ち方が尋常ではなく、まじで死にたくなる。多分何よりも。

・軽躁状態ではある。気分の高揚と落ちが激しい

・常に抑うつ。心配性。実家に帰ると心配が減ります。

・あとこの記事↓にあるのは常にって感じです。

 

h-navi.jp

 

【課題と克服法】

・会話が一方的かつ延々と話すことができる。病的。話題を変えて延々と話す。聞いているけど、話す割合が多い。

【克服法】最近はそれが出るので、しゃべらないようにしている。

 

何度も確認する。部屋の鍵とか火元とか。20回くらい確認していることもある。数を数えているのに、まだなにか忘れているような気がする。実際は完璧。

【克服法】これが自分的にも無駄のように感じているので、マルチタスク方式で秒で何回も確認してしまい、人の10倍の速さでやってなんとか同じ速度にしています。

 


・『丁寧に接しているつもりでも、無礼だとか失礼だとか言われてしまう。』

【克服法】これは冷静なときは意識して平気になりました。あと喋らない。



★『伝えたいことはわかっているのだが、言葉でまとめるのが苦手だ。』

【克服法】メモにまとめて整理し、順をおって話すようにしているが、難しい。。


★『違うことを試すよりも、同じやり方を何度も繰り返す。

【克服法】同じやり方が効率がよく大好きですが、終わらないことが何よりもストレスなので最近はすぐ諦めて別の方法を探します。

  

あいまいなコミュニケーションが苦手です。明確な指示かすべて自由にしてほしいです。

 

飽きっぽい まじこれ

 

【参考記事】

hataraku-chikara.jp

 

 

その他の複合症状

【注意欠如多動性障害(ADHD)】

 

◆衝動性

後先考えずに、行動・決断してしまう。のではなくて、自分なりにあとも先も考えて行動するが、おそらく客観的に見たら「かなり急」に見える
・人がしゃべっている時でも、つい発言してしまう。この衝動は抑えることを学び、しゃべらないようにしている。

喋りが長くなりやすい。喋り過ぎと言われる。

 

◆多動性

・何時間も同じ作業をするよりも、10分や20分など短い単位で複数の作業をする方が楽である。仕事はこれが一番効率がよくて、誰よりも早いです。
・同じことを繰り返し長い時間するとミスが多くなる。まじこれ。目が終わる。

 

◆不注意

注意しているはずなのに、何かをし間違っている。でもそれは念入りに「マニュアル」との整合性をあわせた結果、上席の曖昧な裁量の中で間違っていることが多い。←屁理屈

 

◆抜け漏れ

二つ以上の仕事や作業をこなそうとすると、どうしても両方とも中途半端になってしまう。これがすごい不愉快なので、学生の頃から秒で一つのことに集中しておわしてから、次をやることにしていました。でも以前の職場だと、それが許されず、不愉快すぎて上司に切れました。今思うとマルチタスク得意!って思ってたけど実はそれをごまかす技を身につけていただけなのかもしれません。

 

合致してないこともかなり多い。それを無視するな

合致してないこともかなり多くて、これならできるなって思うものもたくさんあったのです。

 

だからそれを無視してはいけないなと思うんです。もし軽度ならできないことからできることを探したほうが職業の幅が広がります。

 

重度ならできることから探しましょう。

 

僕の場合は問題に感じる部分、これが原因で社会的に生きにくいことのほうが明確なのでそれから職業とかを考えることにしました。

 

以上参考になれば嬉しいです。