明日も無色

新社会人が世の中の気になることを書くブログ

僕が電子書籍を買うのを辞めてリアルな本・書籍を買うことにした簡単な理由【本はデータじゃない!】

f:id:arufred45Hoo:20180301020231j:plain

こんにちは、秒で確定申告をおわした青色申告です。

 

今回は電子書籍について書こうと思います。

 

【目次】

 

もう本の置き場がない

もう本の置き場がないので、電子書籍で買っていくしかないかなと最近真剣に悩んでいました。

 

買うなら、コボかキンドルになるわけですが、最終的にはKindleにするしかないかなと思ったのです。

 

以下理由

 

・最終的にサービスが続きそうな媒体だから

・amazon持ってれば便利そう

・電子書籍の価格はどこも大差ないが、品揃えが段違い

 

でも買うのを辞めました。

 

電子書籍を買うのを辞めた理由

 

以下のことを思って辞めてしまいました。

 

・中古本買うほうが安い、売ったら更に安い

・そもそもそんなに読むだろうか

電子書籍にしたら永久に読まずに終わるのではないか(本であれば、いつも目につくのでちょこっとずつ読んで、辞めて、読んでを繰り返すことができる)

・電子書籍にしたら、なんとなく開いたページから読むなんて体験はなくなるのではないか

・本当に必要な本だけを買うとしたら、持ち運べる電子書籍にする必要はないのではないか

。本当に必要な本で大切な本であれば、永久に残しておきたい。そう考えれば、紙が最強なのではないか。(一度データ化すると開けなくなったり、端末が必要になるが、紙は目がある限り、燃えない限り残る)

 

こう考えて僕は、電子書籍を買うのを辞めてしまったのです。

 

電子書籍で失う「体験」

僕は漫画と本とゲームにしかお金を使いませんでした。だから、パッケージを買う瞬間が最高に楽しかったのです。あの分厚い画集を読み切れもしないのに、パラパラとめくってすぐ本棚に置くのが良かったのです。

 

しかし、電子書籍になることで「買う」体験がなくなりました。それはクリックするという「動作」に過ぎなくなったのです。KindleにDownloadして、漫画をスライドしていくということをアプリを介して体験しました。これはエンターテイメントとしてはいいけれど、何かが足りない。足りないぞ!!と思いました。

 

それは「体験」なのです。電子書籍はすべてが「データ」とかしました。ネットで見る画像と同じなのです。そこに現実はなく、本にコーヒーをこぼす体験や、雨で濡れてしまった体験も売ってしまうという感覚も、立ち止まって衝動買してしまった体験も友達に貸して一生返ってこなくなる体験もなくなってしまいました。

 

彼女にこれはすごい本だぞ!と送りつける体験も、好きだった人に「これは素敵な本だぞ!」と気持ちを込めて送る体験もなくなってしまいました。

 

寝落ちして、どこまで読んだかわからなくなってしまって結構前から読み直したりすることも、デバイスが記憶しているせいでなくなりました。電池を気にしなくてならず、読みたい突発的衝動に対応できないことも在りました。

 

僕はデータがほしいわけじゃない!

置き場所がないから電子書籍にすればいいと思いました。でも僕がほしい漫画は本棚に並んでて、いつでも僕を誘惑してくれるからです。

 

別に読みたくないときでも毎日視界に入ってきて、5年たっても開かないくせに5年と半年たってから読むような存在だったのです。

 

それは電子書籍でも可能でしょう。でも僕はそうはならないと思っているのです。

 

最後に:データ化したミュージック

それはCDからミュージックがデータ化したのと同じです。CDは毎日聞く時もありますが、聞かなくなったらケースに入れてしまっておくという感じでした。DVDもそうです。僕もそれを体験してきて思ったのです。データ化すると、二度と見ない。

 

いつでも見れるは二度と見ない

 

そう実感しました。

 

今はなんでも、見放題、聴き放題になってしまいました。でも僕は本当に必要なものだけをちゃんと買っていこうと思いました。

 

それが一番お得だなと思いました。だって、それが一番出費も少なくて、味わい尽くすことができるからです!!

 

以上思ったことでした。

 

今一番欲しい本は最強に面白いこの漫画。僕がジャンプで連載当初に「こ!これは世界を取れる!」と絶賛しました。あらゆる人に無視されたけど、最近マンガ大賞に輝きました。お金ができたらきっと買うからね!

 

 

【関連記事】 

www.ashitamomusyoku777.com