明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

副業OKな大企業に応募すると面接で落ちてしまう話

f:id:arufred45Hoo:20171121005759j:plain

 

こんにちは、青色申告です。

 

今回は最近はやりの「副業」について書こうと思います。

 

【目次】

 

副業OKで集客を図る企業・自治体が登場

 

ついに地方公共団体でも副業OKでアドバイザーみたいなの募集し始めました。ニュース見てたら、結構な人が説明会に行ったみたいですね。やっぱりなんか、「公務員」っていう響きに民間出身者はあこがれてしまうのでしょうか。

 

www.sankeibiz.jp

 

そのほか、一般企業でも「多様な人材の獲得」と「知見増強・働き方改革」のために「副業」を認め始めているようです。

 

www.sankeibiz.jp

 

大企業は安易に副業OKにすると危険かもね

以上の記事を読んで、僕は思いました。

 

大企業は副業OKに向いていないと。

 

大企業は心が豊かで余裕があるから、社員に生き生きとした働き方をしてもらって満足度を上げてほしいと思うのかもしれません。とても素敵な発想です。僕も以前の記事でそんなことを書きました。

 

でも現実的に考えると大企業になればなるほど既存の社員に対しては向いていない制度なのです。

 

なぜ、既存の社員に対して向いていないかというと、既存の社員は今までののルーティン作業に飽きているからです。そこで副業の機会を与えると、わずかに稼いだだけでも

 

自分ってこんなこともできるんだ。

こんなストレスないんだ。

お金稼ぐのってこんな大変なんだ。

でもこっちのほうが生きている気がするな!!

 

っと思ってしまうわけです。

 

大企業は得るものより失うものが多い

そうなると、新規の腰掛副業アドバイザーばかりが集まってきて、根幹になる幹部候補がどんどんベンチャーなどの企業または起業して流出していくのは目に見えています。

 

例えば総合商社なんてのは例にしやすいでしょう。彼らは経営をいろいろな場所に出向しながら学んでいきます。しかし、そこに経営の自由はない。常に長い上席のハンコをもらわないとなりません。そこに副業OKなんて来たら、あれ?自分でやったほうが楽しくね??仲間でやったらもっと楽しくね?ってなるに決まっているのです。

 

そしてここで重要なのは「副業をしたい!と思っている人ほど組織への帰属意識は低いうえに、向上心が高いのです。つまり言えば「自立した個人」なのです。一番大企業が嫌うタイプなのです。組織行動大好き!接待大好き!お金を楽して、しがみついてでももらいたいタイプは休日は家で寝ているだけなんですから、副業OKでもやるはずなんてないんです。あたりまえのことですよね。

 

そうなると副業OKで外の楽しさを知った若者ほど大企業から離れていくのは目に見えています。

 

大企業と副業の相乗効果

もちろんそれもあるとは思います。もしその向上心の神みたいな人材が副業をし、ビジネスを一本立ちあげて、大企業所属が故の資金力などを頼って、会議にかけ新しいビジネスを大企業内でやる。というのも発想としてはありで、これを実は一番求めているのでしょう。

 

でもそんなパワフルな人はよほどその組織を愛しているか家族がいるかでしょう。

 

そうなるとやはりベンチャー企業、よくてメガベンチャーに向いた制度と言えるでしょう。

 

副業OKで受けると落ちる

そして、本題の副業OKの会社に応募すると落ちてしまう話です。

 

僕もいくつかの企業を受けました。副業OKならサイトの運営もしやすいかなと思ったからです。そうすれば、仕事が憂鬱でも人生に充実感が持てるかしらなんて思ったからです。

 

しかし、落ちる

 

理由は簡単です。副業OKで入社させる人材なんて、年収1000万出しても取れないような人材なんですよ。わかりますか。上の記事でもありますけど、「ビズリーチ」がかかわっている時点で余裕で分かるんですよ。(ビズリーチのCMは好きです。なんか)

 

ビズリーチは高収入ランカーしか相手しない人材会社です。まあそれが一番収益がいいからでしょうが、彼らがかかわっているということは取締役か部長、役員クラスが「副業」で別の会社に行くわけです。

 

もうそんなのね「副業」じゃなくて、暇つぶしか自己顕示欲、必要とされたいというボランティア精神ですよ。

 

ここまでくるとわかりますね。凡人は副業OKでなんて入社させないんですよ。凡人は言われた通り確実完璧に仕様書通りにきっちり働いてもらうんですよ。それだけです。凡人が副業OKで入社させたら実は副業あるからって気軽に働かれても困るんですよ。いやあ、ごもっともって感じですよね。

 

つまり、凡人は副業なんて高望みしてるんじゃないってことなんです。まあ、それが今の市場状況なんでしょうね。

 

副業できない環境ではなくて能力がないのが問題

そうして考えると、今の環境に不満を持っている人はまず能力を磨かなくてはありません。副業ではなく、収益を出さずに虎視眈々と腕を磨くしかありません。憂鬱な仕事、そのあとに死に物狂いで、または楽しんで腕を磨くしかありません。収益が出るときは自分が収益を出すに値する能力が身に着けば、自ずと訪れます。

 

 

最近のおじさんほど

 

将来が不安だから副業しておきたい

 

と言います。おじさんたちもわかっているんでしょうね。大企業でコーヒー片手に若手が徹夜で作った資料を一瞥して「このフォント間違ってるよ?」っていうだけじゃ将来が危ないってことに。

 

一方で今の20代はそんなんことにとっくに気が付いています。もちろん気がつかないふりをして現状に甘んじる人も多くいますけれど、動いている人は動いています

 

でも焦る必要はないと思っています。自分には自分が必要なこと、やりたいことがわかっているはずでしょうから。

 

以上思ったことでした。

 

 

【関連記事】 

www.ashitamomusyoku777.com

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

www.ashitamomusyoku777.com