明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

ブログを続けるのは難しいと思う理由

f:id:arufred45Hoo:20171114015254j:plain

 

こんにちは、ゲームしようと思ったらサーバーメンテナンスで悲しみに暮れ、記事を書くことにした青色申告です。

 

今回はなんか調べたくなかったので思ったことだけ書くことにします。

 

【目次】

 

書くのめんどくさい問題

 

これ。

 

書くことない問題

これ。

 

書きたくない問題

これ。もうポテチ食べながらゲームしてた方が楽しいんだが。

 

以上三つのことがすべてを占めています。長い理由もございません。これが大きな問題に上げられることでしょう。

 

それ以外にもあります。

 

書きたくないことを書かなきゃいけないのか問題

読者は増えていませんが、Googleで上位掲載が多い記事を多く作ることができたので、いくつかの企業様からお仕事のご案内をいただくことが増えました。

 

拝見してみると、収益性の高そうな案件も多くあったりなかったりして目移りしちゃいます。

 

しかし、僕は本ブログを収益のために始めたわけではありませんでした。

 

毎日、お金ふってこーーーい!!と布団の端から願うけど、お金のために文字を、言葉を書いているつもりはありませんでした。

 

僕は、検索して出てこなかった答えを書いてみたいと思って本ブログで記事を書いていました。もちろん正解なんてないけれど、僕が仕事を辞める時に、

 

「答えはないのかよ!!」

 

と切実に願ったことを書こうと思ったのです。

 

もちろん、僕の記事は引用も資料に基づくものもなくてただの「妄想」レベルの考えが多くて「本当の答え」なんかじゃない。検索した人が「こんなの違う!」と思ってしまうような記事ばかりかもしれません。

 

でもその正解はだれにもわからないのです。

 

「誰にもわからない答えを書いてみたい」

 

そう思ったのが僕のキーボードを走らせる原動力でした。

 

いつのまにか「金」

そうして記事を書いてくると、いろいろ知識が増えてきて、やはりお金にたどり着いてしまうのでした。アフィリエイトやアドセンスを実験的に当初取り入れていましたが、徐々に広告配置やそれに関連する記事とかを考えてしまうのです。

 

ああ、この記事を書けば

あの記事を書けば

読者はこんなものを求めているのでは?

 

そうしてシュミレートした記事はただの広告でした。

 

僕はゆっくりやることにした

僕は本当に思ったことを書こうと思います。そして、検索しても出てこなかった情報を書こうと思いました。なぜなら、それこそ書く意味があるからです。たとえ、3on3というゲームを1000人いても1人しか知らなくて、そのうちのペドロが激しくもう、この上なく激しくむかつく!!と思う人が1万人中2人しか思わなかったとしても、その人が検索して「やっぱそうか!!(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪」とか思ってくれたらうれしいじゃないですか。

 

ほかの人が書いているなら僕はそれを読んで満足。ほかの人が書いていないなら僕が書いて満足。読んで満足。そんな感じになったらいいなと思います。

 

ブログを毎日書くのなんて無理です。ツイッターなら一日中つぶやいていられるけど、ある程度読まれる想定でかくとなれば、それなりに考えて言葉を使わないとなりません。結構体力使うんですよね。。笑。

 

最後に

こんなブログでも先日引用してもあったことがあります。そこに

 

「検索すれば答えってあるんだな」

 

って感じの言葉ありました。

 

そうだぞ、答えはあるぞ。ここにあるぞ。(確証0だけど)

 

僕はそう少しだけ誇らしく思いました。

 

以上ブログって大変って話でした。