明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

【残業が減らない!】残業禁止という名の新手のパワハラの登場の件【レッツおもてなし】

f:id:arufred45Hoo:20170829003711j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今日は、日本の残業について考えました。

 

【目次】

 

残業が減らない原因「おもてなし」

日本って仕事が非効率だ!と言われまくってますよね。頭のいい人は、こんなのすぐ解決できるとか考えてるんですけど、実際日本の商慣習的に不可能なんですよね。仕事だけで解決策があると思ったら大間違いな気がします。その消費者、ひいては労働者につながる事情が大切だと思います。

 

なぜ残業が減らないのかというと

 

①無駄な資料や会議が多すぎ

②無駄なテンプレじゃないメールのやり取り多すぎ

③懇切丁寧であることを求められる

④お客様や取引様企業が第一番

⑤自己主義ではあってはならない風土

 

って5つ書きましたけど、結論日本の「おもてなし」とかいうところにすべての原因があるんじゃねと思いました。

 

おもてなし=無駄なのか

僕は無駄ではないと思います。これはいわゆる価値の提供であって、サービスの提供です。テンプレではない些細な言葉を付け加えたり、需要家にやってもらったら少し楽なのにということも「サービス」していく。そうして互いの関係をフラットなものから濃いものに変えていくのが、日本、というかアジアの仕事の雰囲気なのではないでしょうか。

 

これに西洋風のシステムを取り入れて、「残業禁止!」となれば不具合が起きてくるのは当たり前です。かつ、データ分析という名のどんぶり勘定わっしょいだった日本の「気分」勘定は許されなくなり、より正確さを求められることにもなってきました。

 

そんな「思いやり」の感情と「正確な仕事」となると事情がぶつかりあいまくって、結果残業して「その正確な補完」作業を行っていたのが今の日本でした。

 

働き方改革登場「プレミアムマンデー」

そんな日本に、飛び込んできた世界からの批判は日本の過労死多すぎ!!ってことです。そうして、働き方改革という名のもと、多くの企業で残業を見直しました。残業はしてはならない!と突如としてなったわけです。

 

僕が前職をやめてから登場したプレミアムマンデーですが、僕はこんなんじゃ日本の残業は減らねえよ。。と思ってしまいました。

 

こんな制度を徹底できるのは、大企業だけというか残業が今までなかった会社だけじゃね?と思ってしまいました。

 

名ばかりの残業禁止!そしてストレス【実体験】

ニュースでも流れていましたが、残業が悪となったことでストレスに感じる人が増えたとありました。僕はまさにそれでした。

 

前職では「残業をする奴は無能だから」とずっと上司から耳元で夜9時ごろにささやかれていました。そして上司は帰ってしまう。飲み会に行ってしまう。後日上司から

 

お前残業多すぎ!何してんの?怒られるの俺じゃん?

 

と個室で説教なわけです。そしてその上司は僕を終始監視し始めました。

 

残業の原因を探し始めたわけです。

 

原因は、Excelの資料作成にありました。その上司しか見ないデータを、Excelの書式が統一されてない、色が見にくい、フォントの文字が統一されていないというものでした。

 

上司から言えば、それは秒速でできるとのことでした。お前、頭いい学校出てるのにこんなこともできないの?と僕が入社するまで20年これを続けてきた上司がそれを言うわけです。

 

そして僕は最後に言いました。これ、やると残業になりますよ?って。

 

上司は答えました。

 

はあ?そんなの残業にならないじゃん。すぐやれよ。

 

あれ?これのサービス残業ですか?

 

【残業禁止で失うこと】残業禁止っていうのはいいじゃん

でもさ、事実会社が求める仕事するには残業しなきゃ無理(心のバランスをとりながらやる場合。死滅させればできますよ。余裕です。)なんですよね。お客様一番なら日中はそれやるしかないじゃないですか。それに会社一番も加えて、もうダブルストレスですよね。加えて、残業を減らすことで収入も減らし、会社は収益改善。超ストレス。そんな人が多いんじゃないかと思いました。

 

残業禁止で失うことはほかにもあります。基本的に会社=経営者ファーストの動きなので、従業員同士の何気ない会話も消滅します。日中の仕事が倍速で忙しくなるからです。18時になったら速攻帰宅。うんうん。いい響きですけど、これ残業しなくていい上司たちが帰りやすくなっただけじゃない?って思います。下っ端はそれを持ち帰って飯食いながら、YouTubeみながらしてるんじゃないかと思います。

 

同僚と一緒に残業するのではなく、家でも仕事して、会社は日中燃え尽きる場になりました。そうなると些細なコミュニケーションも消え失せて、会社ってただの諸行無常沙羅双樹がにょきにょき生える場になった気がします。

 

そして追い打ちをかけるように、売り上げ維持とお客様ファースト。もうね、やりがいとか消え失せますよね。ははは。生きてる意味ねえってなりますよね。早く帰っても家族と離れ離れの人にとっては、ただのぼっち残業でむしろ過労死するんじゃない?と感じました。

 

コラム:残業は悪なのか「その先の未来」

日本の場合、残業が悪なのではなくて、世界の目から基準で外れているなら悪なのだろう。それならそれに合わせようという感じが強すぎます。自分たちから自発的に生まれていないような気がします。

 

残業は悪ってささやくはいいですけど、日本の場合仕事が多すぎるんですよ。しかも裁量もなければ、自分でマネージメントもできない仕事が多すぎなんです。もし、フォントとか適当で、ぱっと見わからなければいい程度でいいなら社内資料はOKでしょと個人が思っても会社がそれを許さない風土であれば、残業が確定します。お客様に応じてメール対応を切り替えていいなら、よりスムーズになるのに、会社のマニュアルに外れていたらそれでアウトになればチェックに時間がかかります。

 

それを経営者は突如として無駄=悪と在庫のような言い方してきますけど、すぐになんて直せないですよね。。マジなんなんって思います。

 

でももし残業をなくすような経営にしたら素晴らしいでしょうか。僕は今のベンチャーのようになると思います。とりあえず、すべての手続きを簡略化し、直接会ったり、商談を減らしたり、メールだけのやり取りだけになったりするのがベンチャーの通常ですが、それお客様の立場になると、この会社は冷たいなと感じるのです。

 

それよりも少しでも接してくれるところにいいなと思える人がまだ日本には多くいて、逆に求めている人も多くいると思います。なぜなら、日本はとても寂しい国だからです。プライベートが死滅し、友達も大人になってからは連絡も取らなくなり、Facebookを眺めるのが鬱になり、SNSで仮想の友人を作ってはなんか満足ができなくなってきているのです。

 

そこに仕事上の交流がいい潤滑剤になっていたことに気が付くわけです。日本はワーカーホリックと言われていますが、世の人間がワーカーホリックになっていたのは、労働状況もありますが、労働者としては家より会社のほうが気が楽という事実もあったのです。家でも妻に怒られて居場所がない、そんなサラリーマンが多くいたのではないでしょうか。

 

今では、男が家事を分担するのが当たり前になっています。いいニュースですね。でもそれって一部の事実にフォーカスしすぎなんですよ。残業が減れば、家族経営が回らなくなる。妻も働くことになった。いや、企業が人材不足で女性登用を進めているともいえましょう。結局家族内収益はトントンどころか、教育費倍増で1人しか持てない。共働きなので、1人が限界ということになってきているのです。

 

でもこれも、リア充の話です。残業もできず、1人帰宅して、YouTubeを見てコンビニ弁当を喰らい、貯金もできない若者を想像しましょう。土日遊びたくても余力がないので、ほどほどの人生を生きるのであれば、薄く引き伸ばしていきていくしかありません。もちろん残業が減って拘束時間がへったことはいいことです。彼がユーチューバーになるかもしれないし、考える時間が増えたのですからプラスでしょう。でも人生の充実に貢献できているかという点では微妙です。副業禁止で日中はただただ苦行ですから。

 

こういろいろ考えると、何が正しいのかわかっていないのに、他国の制度をいいとこだけ誇張するのはずるいなあと感じました。

 

最後に

今日は残業について考えました。実際に働いている方はこうは思わないって方も多くいるでしょう。でも僕はこう考えて働いていました。僕は商社でしかもガチフルの商慣習のところで働いていました。人が商品なので、いかにお客様に気に入ってもらえるかが勝負でした。それにはあらゆる付加価値をつけるしかなかったのです。

 

正確な仕事に、密なコミュニケーション。響きはいいですが体はボロボロです。一日に新潟と東京を車で往復した後に、社内で資料作成と説教って笑えますよね。ははは。僕はこんな現実を上司になども進言しました。あの資料つくらなくていいすか?というとガチギレされて、2時間残業になるのでやめましたけれど。

 

残業って僕のなかでは、ゆっくりできる時間でした。上司もいないし、心臓は悪くないし、電話も来ない。そうなると、資料にミスが減って、丁寧に仕上がるんです。日中は上司の監視と顧客対応で資料チェックが及ばず、結局やり直しとかざらでした。究極的なことを言うと、裁量労働が良かったなとすら思います

 

もちろん世の中にはサービス残業山嵐で、上司もぺったりで会社的にゾンビみたいなところもあるはずです。そんな人に言いたいのは

 

それはやばいぞ。壊れるぞってことです。

 

以上思ったことでした。

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com