明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

【ぼっち神】誕生日はいつから虚しいものになったのか【Facebook】

f:id:arufred45Hoo:20170727222134j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

僕の誕生日が失業認定日と被りました。今日は僕の誕生日のお話です。

 

【目次】

 

何でもない日として通り過ぎてほしい日

僕にとってはいつの間にか誕生日というものがそういうものになってしまいました。

 

何でもない日と思いたい日

虚しいと思いたくない日

 

そう思いたくなる日になりました。学生のころまでは家族と一緒に暮らして、誕生日にはケーキを食べて、プレゼントをもらう素敵な日だったなと思います。しかし、1人暮らしをするようになって、別に一人で祝うことでもないし、プレゼントや贅沢をしたいと思う日でもありません。なぜなら誕生日は自分以外の人にとって価値のある物だからです。対象者を祝うに値するから祝う日なのです。

 

いつから虚しく感じるようになったのか

その原因はFacebookでした。Facebookの誕生日設定がデフォルトだと公開になっていて、いつも誕生日が近くなると憂鬱になっていました。理由は、僕と一日違いの友達が盛大に祝われているからです。

 

こんなにプレゼントもらっちゃった!幸せ!

 

そんな投稿を見て翌日僕の誕生日になります。僕のタイムラインはいつも通り。いつも通りに時間が過ぎていき、時々家族からメールがくるくらいでした。別にね、そんなプレゼントはいらないんですよ。そんな寂しくはないのですから。でもそのアプリの機能は知らず知らずにほかの人と比較して自分の価値のなさを実感させるものでした

 

なので、今年は誕生日を非公開にし、アプリも消し飛ばしてもう自分も忘れようと思いました。自分でも忘れ、誕生日であるというのも忘れてもらおうと思いました。

 

失業認定日、ビンゴ

でも世界は忘れさせてくれません。僕の失業認定日と重なったからです。その日の予定はハローワークに行って、事務的に認定を受け、家に帰ってゲームをする予定です。これを聞くと世界は僕を憐れむでしょうか。でも少しだけプラスに考えるとしたら、去年の誕生日より幸せかなと思うのでした。

 

去年の誕生日は夜11時まで残業して、見積もり書作って、誰も見ない報告書を書いていました。電車で帰って、帰りにファミマでガリガリ君買って家でカップ麺食べました。いつも通りでしたが、そのいつも通りが虚しいなと感じました。

 

誕生日を特別にしないでくれ

いつから誕生日が虚しくなったのか。それは、世界が誕生日の価値を盛大に爆上げするから。確かに生まれたのは素晴らしい出来事かもしれません。でもただ生まれただけじゃないか。何でもない日じゃないか。そう何度も思い込んでいるのに虚しくなるのは、「誕生日だったよ今日は」とつぶやくと憐れみで

 

おめでとう

 

とくるからだ。僕が返してほしかった言葉はさ、こうなんだ。

 

ふーん。( ^ω^)・・・ドンマイ!

 

そんな感じでよかったんです。

 

コラム:今日見た夢

今日見た夢の話も書いておこうと思います。

 

僕らはある魔術師の前にいた。彼は何でも知っていた。僕の友人が彼に質問しようとしていたところを遮って、僕は言った。

 

そんな奴の質問よりも俺の質問に答えてくれよ。

俺の将来は幸せなのか。

 

魔術師は言ったんだ。

 

はぁ~??お前が幸せになれるわけないじゃん。何言ってんの?馬鹿なの?

今なにしたよ?そいつ遮ったろ。そんな奴がどうして幸せになれるとか思っちゃってんの?馬鹿なの?

 

僕はそこで急速に目が覚めた。起きて僕は天井を眺めた。

 

知ってるって

 

そうつぶやいた。

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com