明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

【映画超えてる】今後発売予定の新作ソフト4つが楽しみだけど不安な話【2017年E3】【PS4】

 こんにちは、青色申告です。

 

今回はE3で発表されている新作ゲームについて気になることを書こうと思います。

 

【目次】

 

モンスターハンター:ワールド【話題】

 

youtu.be

 

まず、いまの日本中のゲーマーが気にしている本作品についてです。モンハンといえば今の20代から30代はまさにどっぷりはまっていたゲームといっても過言ではないでしょう。それはPS2PSP3DSと移り変わりました。主観ですが、PSP時代は黄金時代でまさに熱中してやっていた人も多いはずです。いつでもどこでもテレビ並み画質でゲームができてしまうということでお盆でも暇じゃなくなったのを思い出します。

 

しかし、3DSに移行し落胆しました。それは操作性だったり画質だったりで問題が多々あったからです。そこからPSPでやっていた僕はモンハンから離れてしまいました。また3DSのオンライン共闘も評判は良くありませんでした。というのも任天堂プレイステーションに比べて全年齢層を対象にしていました。そのため、今までPS2からモンハンをやっていた中高生層に全年齢が流入しカオスになったのです。

 

こういう僕はPSPで無印、2Gをプレイした後、New3dsを購入しモンハン4Gをプレイしたことがあります。しかし4Gをプレイし、初めて速攻売ろうと思った作品でした。アマゾンのレビューは大荒れになり

 

「私のライフはもうゼロ」

 

と嘆きあいました。狂竜化、極限化という地獄システムのせいで、

 

やっと倒せるぞ!やっとだ。長かった。。

 

そんなときにモンスターが狂乱最強状態になり、プレイヤーは弱体化。雑魚ハンターは一斉に駆逐されました

 

それからいくつか作品発表があってからついにPS4でモンハンが出る!いままでオンラインではありましたが課金制でした。このE3の発表ではまだ月額課金制とまでは言っていません。もし買い切りで、まさにPVのようなゲームができれば素晴らしいです。しかしもし

 

月額課金制なうえに、もしランゲーだとしたら

 

怖すぎて、発売日に買うことができません!神ゲーになるのか、くそげーになるのか。紙一重な状況といえるでしょう。

 

追記(2017年7月11日):すでに発表されている通り、PSPlus加入していればマルチプレイできるようです。安心しました!!発売が楽しみですね!!

 

モンハン新作 モンスターハンターワールド発売日や新要素まとめ - GameWith

 

Days gone【神ゲーの予感】

youtu.be

 

2016年E3ですでに発表され、今回2017年E3でも発表された本作品。PV通りなら恐らくゲームオブザイヤーになるでしょう。それくらい魅力的な作品だと思いました。またユーザーが求めているものがわかっていると思います。今のユーザーが求めているのは荒廃した近未来、探索プレイ、自由度、そしてストーリー性。加えてゲームシステムです。本作品はPV上だけで判断すれば荒廃した近未来で、サバイバル生活。そしてその地形を利用して苦難を乗り越えていくような作品になっています。

 

でもこれって似たような作品たくさんありますよね。The last of usバイオショックDishonoredそのほかにもあります。ええ、僕も好きなんでチェック済みなわけです!そうしたゲームたちを見ていると、統計的に売れてしまうことが目に見えているのです。

 

でも不安なこと、それはPV通りではない場合です。PVが過剰に自由度をアピールしているように見えるのです。しかし実際のプレイは一本道でお使いゲームになり果てるなら人気の爆発も難しいでしょう。もしthe divisionのようなゲームであれば落胆するのも想像に難くありません。

 

*the divisionのPV。これだけで飯が食えるレベル。

youtu.be

 

最後に2017年E3で発表されたdays goneの動画も載せておきます。

youtu.be

 

Detroit Become Human【約束された神ゲー

 

youtu.be

 

本当は2017年E3の動画を載せようとも思ったのですが、たいして去年のE3発表と変わらなかったので2016年E3の動画を載せました。本作品もゲームオブザイヤー受賞候補作品といえるものだと思います。ヘビーレインやビヨンドを作ったQuantic Dream最新作。この作品の特徴は、あらゆる別次元での行動を予想しながら問題を解決していく点にあります。PVだけみれば、選択肢をポチポチやる映画ゲーな気もしないではありませんが、映画1本見るよりはるかに楽しめる気がします。

 

単純に僕がポチゲーは好きじゃない上に、この手の作品は値段が下がらないのでやったことはありません。つまり、世間的に価値のある作品といえます。不安な点はこの作品に限っては特にありません。もし滅茶苦茶アクション要素や探索要素。オープンワールド要素などはいればさらに一歩神ゲーにつながるでしょう。

 

Detroit Become Human | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

Anthem【ダークホース】

 

youtu.be

 

これは僕自身初めて知った作品です。しかも発表されてもノーチェックだった作品。でもかなり評判が高いので、見てみたらすごかった。なんかおらワクワクする!というゲームです。

 

しかしこれが一番不安なゲーム。それはdestinyというゲームの存在があったからでした。当時それはそれは話題になりましたが、いざプレイをしてみるとPVとは全然違かった課金ゲームなうえに、ぼっち乙は孤高。ひたすら作業を繰り返すゲームでした。PVで気持ちが盛り上がっていただけにこうした落胆の感情が生まれてしまったわけです。今度はがっかりしなくて済むのか。今後の情報を待つことにしましょう。

 

【destinyワクワクした動画】

Destiny ストーリートレーラー「新たな始まり」 - YouTube

 

最後に

E3の時期はいつもワクワクします。こんな面白そうなゲームが出るのかよ!と胸が躍ります。以上で紹介したゲーム以外にもスターウォーズDishonored: Death of the Outsiderも気になります。 でもその分不安もまして、本当にこんなプレイできるかなと思ってしまうわけです。

 

しかし、今思うのはどんなゲームも視点を変えればきっと楽しめるということです。俗に自分ルールというやつです。自分ルールがあればどんなゲームも楽しめる。そうすればまた成長できる。そんな風に思います。でも課金ゲーはお金ないのでやめてほしい。

 

以上、今気になってるけど不安な話でした。

 

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com