明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

【痴漢冤罪】日本は男性も女性も生きづらい国と思う理由

f:id:arufred45Hoo:20170516230821j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今日は僕が超おすすめのCGアニメーションでも書こうかなと思ったんです。でも日本は女性が生きにくい国かもね的な記事があったので、それに関して書いていこうと思います。

 

【目次】

 

初めに

またしてもリンクは貼りませんが、「日本が女性の生きにくい国」と書いている記事がありました。それと下記のようなニュースもありました。

www.huffingtonpost.jp

 

世の男性は思いました。

 

俺たち、男に居場所はどこにもねえよ

 

って。なのでその切実な気持ちを書こうと思います。

 

痴漢におびえる男たち

世の男性はこれがとても怖いのです。都内で満員電車乗っていると一日のクエストの始まりです。いかに両手を上げて無罪を証明するか。そのことに命を懸けます。命を懸けて心臓より高い位置に手を上げ、家族のため人生のために力を振り絞ります。

もし間違われたら逃げるしかない。何もやっていないのに、逃げるしかないないなんて通常ありえない状況ですよ。。

 

無罪証明の困難さ

三鷹バス事件でもあったように証明は悪魔的に難しいです。

と、思いましたがそこまで悪魔的な論理ではなく無罪判決は獲得できそうです。それでもこの裁判問題で会社を首になる可能性もあります。。大変だ。。

lmedia.jp

www.magazine9.jp

 

女性車両と男性車両問題

こんな日々に突如として現れた女性車両。しかし、それによって男たちの肩身はまた狭くなりました。男性は普通車両に入るしかなく、男性の割合は高まります。そこに女性が入ってくる。戦々恐々です。男だけだったらさりげなくおっさんにもたれかかっても気持ち平気ですが、女性となると数センチ下がらねばとなります。

世の男性は思います。

 

男性車両と女性車両に分けてくれればいいのに

 

中途半端に一両だけ女性車両を作ることで何が解決されるのでしょうか。僕は以前間違って、女性車両に入ってしまったことがあります。多くの人がまるで女子トイレに入ってきた男子のような目で見てきます。な、なんなんだこの世界はと異常に感じました。

 

女性優遇社会、万歳

女性の雇用、女性に優しい会社とてもいいと思います。でもそれによってすべての人が住みやすくなわけではないのです。女性万歳といわれる一方で、ただ男であるというだけでなにも優遇すらされていない男子がどれくらいいるのか知っているのでしょうか。安いホテルがいいなと思ったら女性だけ。女性限定の嵐ですよ。会社の規定も女性管理職、女性正社員。うんうん、とてもいいですよ。でもね、それって本質的にずれてるんですよね。

 

なあ、この国は平等が嫌いなのか【ちょっと真面目な話】

僕自身は別に男性でも女性でもどうでもいいんですよ。みんなよければいいじゃないという考え方なんです。機会均等、扱い平等が最高じゃないですか。でも世間は違います。

 

人口減少からくる労働者確保のため女性の雇用促進が始まりまりました。次いで女性労働者の増加によって社会全体の女性が有する財産の奪いあいになります。そうなると、企業の方針も女性に傾きます。寿命も男性よりも10年長いのですから、長い見地で見れば女性向きのサービスは長期間ニーズがあります。それによって女性車両や女性限定のツアーとか女性限定のコンサートとか女性限定のホテルや賃貸アパートができてるわけなんです。企業は女性顧客を獲得することが重要なんです。

加えて言えば、女性のほうが採用サイドからも受けがいい。発言内容も優等生で、営業をしても男よりも女性営業マンのほうが受けがいいです。そんなのね、出来損ないの男たちはわかってるんですよ。でもそれは実力でもありますから仕方がないんです。女性雇用優遇。それで優秀な人材が入るなら会社にとってはメリットがあるわけですから、大賛成です。

 

女性優遇政策、それは歴史的な背景をもって行われています。女性の機会均等。超賛成ですよ。でも日本はその取り入れ方を間違えました。レディーファーストとビジネス的な側面をごっちゃにしてただの女性優遇策に終わりました。本来であれば男女雇用機会均等法にもありますが、男女が同等の立場で切磋琢磨し互いに影響を与えながら社会をよりよくしていくのではなかったか。それが職場を見てほしい。

 

女性つよすぎーーーー!

 

なんでこうなった。それはビジネスに武士道やレディファーストを持ってきたからです。輸入の仕方を間違えました。。どこに行ってもただ、女性の立場が強い国になってしまいました。言葉を変えましょう、女性が「か弱い」という言葉であり続けていることが問題なのです。本当に欧米型の女性参画社会を目指すなら、いやもはや日本では無理だが対等に対決できることが必要なのではないでしょうか。

 

しかしこの議論にはまた問題があります。ちやほやされたい・形式的なサービスだけを受けたい女性と本質的にマッチョな女性になりたいという二つのタイプがいるということです。前者の場合、管理職とかどうでもいいから前世代的な扱いで満足だけど、女性優遇サービスは得たいわ。ってタイプです。後者は男を差し置いても上に上がってやるというマッチョな女性です。日本の場合、どちらかというと前者的な女性が多いと感じます。それによって、また輸入した法制度との差が生まれます。前者的な女性はこの法制度によってますます生きにくい社会になってしまいました。私は結婚して家庭にと思っていたところ、なぜバリバリ働く道に行って結婚もできないのか。。ということも起きる可能性があります。

 

うーむ、難しい。。

 

最後に

いかがだったでしょうか。間違った論調だったでしょうか。笑。今回は男性の切実な気持ちを主に書きましたが、もちろん女性には女性の生きにくさがたくさんあると思います。それは前社会的な女らしく生きろ!とか早く結婚しろ!子供作れ!とか昔のような理想を押し付けられることなどあると思うんです。だから日本は女性も男性もつらいな。。と感じます。

僕としては誰も差別されないで個人がそのままに信用され、扱われる社会になってくれたらいいのになと思います。

 

てか、満員電車やめて地方にいっぱい大手企業分散させるのがベストな気がしませんか??絶対それがいいよ。。満員電車なくなれ!

 

こんな記事読んでくれてうれしいです。有難うございました。

 

【ほかの記事はこちら】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com