明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

【Youtube広告】動画視聴前に出てくる美女ダンサーは誰なのか その2【ダンス】

f:id:arufred45Hoo:20170503214311p:plain

こんにちは青色申告です。 

最近YouTubeで特にあの広告が多いので、また誰なんじゃい!ということで調べてみました。 

【目次】

 

初めに

最近この手の広告が減ってきたなあと思ったら、また増えてきましたこのダンス広告。広告主はすごい予算持ってるなと逆に感心します。前回も誰なんだと調べましたが、今回はこの女性が突出して多いので調べました。 

【前回記事】

ashitamomusyoku777.hatenablog.com  

 

広告よりも美女だった

きっとyoutubeを見ていた人はこの広告ダンスを必ず目にしていることでしょう。 

元ネタ動画はこちらでした。

youtu.be 

広告より綺麗に映ってる気がします。しかしダンスの中身としては前回のほうが妙に気になるダンスだったかなと思います。 

 

そして原曲はこちら

youtu.be 

お、今回は原曲のほうがなんかアイドルらしさ全開です。僕は存じ上げなかったけど有名グループなんだろうなあ。 

現在本アプリはアプリランキングでも上位に位置しています。そうか。僕は何も言うまい。しかしながら、本広告主のアプリ評価へのコメント対応は素晴らしく、逐一答えていて好印象でした。 

 

youtubeの広告費ってどれくらいかかるの?

これだけの目にするYouTubeへの広告費ってどれくらいなのか気になってしまったので調べてみました。どうやら1再生で数円(スキップされたら料金は発生しない)という仕組みのようです。でも上記動画広告はあらゆる配信者の動画で見ますし、世の男性は先が気になってみてしまうことでしょう。何百万再生とされる動画に何百万回と再生されていたら広告費だけで破産してしまいそうです。どうなっているのか知りたくなる。

tec-navi.net

 

youtube投げ銭コメントの問題【Superchat】

最近、youtubeの生配信をみているとコメントの中に、金額表示がされることが多くなりました。配信者に金を送りコメント者が目立つ仕組み。僕はこの仕組みだけはYouTube導入すべきではなかったと思います。ゲームの実況を楽しんでみているだけなのに、「お金有難う!!」と配信者がいうだけで途端に現実に意識が戻ってしまうからです。また配信者と某1名の知らないコメント者の一方通行となってしまい、動画が面白くなくなってしまいます。これを公の場でやるのではなく、ファンレターやTwitterでやってほしいなと思いました。

 

こうした仕組みは多くの配信サービスで行われており、隣のアジア諸国のサービス、今回紹介したダンス動画でもその仕組みが導入されているのです。アイドルに金を貢ぐシステムともいえましょう。

 

これは、路上のパフォーマンスに対する対価と何が違うのでしょうか。同じのように見えて、実は大いに異なります。路上のパフォーマンスでギターを弾いている人にお金を渡す時をイメージするとわかりやすいでしょう。ギターを弾いた人はお金をもらった人に対していうことはせいぜい会釈か「ありがとう」のどちらかです。

しかし、youtubeの人の配信は「話術」に対する対価とはいえず、はっきり言えば「スマートじゃない」のです。それなら有料動画にしてくれたほうがましです。動画配信にかかるコストとコストに見合った対価で視聴者からお金をもらう。それならいいでしょうが、彼らは動画広告からの収益があります。広告が見られるようなコンテンツを作って視聴者を増やしてきたはずです。そのなかでこのSuperchatはスマートじゃない。ただ僕はそう感じるのです。「お金有難う」を10分間に何回も聞く羽目になる動画を価値あるコンテンツとみなすことはできないよ。。 

YouTube、コメント課金アピール「Super Chat」を日本開始 - 週刊アスキー

YouTubeライブ配信に有料コメント機能『Super Chat(スーパーチャット)』リリース!ライブ配信が主流になるか?! 

 

youtuberの実態は大変すぎた

ますますyoutuberはタレント化し、個人でお金を稼げるようになりました。しかし、それは苦しみの始まりでもあるのです。視聴者が増えるごとに自由はなくなります。閲覧されやすい動画、ファンのことば、いやがらせやマスコミ問題、浮気問題など多々増えてきました。これを人は芸能人の悩みと呼ぶのでしょう。これでわかったのは個人事業主は自由じゃないということです。自由の環境にあればあるほど、自由ではない選択をするのが日本人ということでしょうか。

youtu.be

 

youtu.be

 

最後に

以上いかがだったでしょうか。ときどき、視聴回数3回ぐらいの実況動画を見たりするんです。そうすると、本当になんか安心できるんですよね。そこにいるのは、タレントじゃなくて、編集も神じゃない同じ普通の人がいて「共感」ができる。それって今一番大切な感情なんじゃないかなと思います。

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com