明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

【今月も華麗に300時間】僕が過労死して、くも膜下出血で召されるリスクについて考えてみた

f:id:arufred45Hoo:20180519133413j:plain

 

こんにちは、青色申告です。

 

今日も朝帰ってきました。

 

今回は自分の過労死するリスクを考えてみました。

 

【目次】

 

 

読んだニュース

最近こんな記事を読みました。

 

news.careerconnection.jp

 

ふああ、また死んだ。。って思って読んでいました。どうせ、「うつ病」とかで死んじゃったのかな。。と思っていました。でも読んでみると違うじゃないですか。

 

 

死因はくも膜下出血

 

おいおい。なんだよ。その天性の症状は。

 

僕はこのコントロールできなさそうな病気に怯えました

 

僕的くも膜下出血で召されるリスク。てか、現状

僕はまだ、くも膜下出血になったことがないのでわからないのですが、現状としては以下のような感じなので怖いなと思いました。

 

①月の総労働時間300時間突破

②要するに毎日残業5時間、終電帰宅がデフォルト

③そうなると夜ご飯食べるの深夜2時

④ストレスしかない仕事

⑤IT系、技術系、パソコン業務がメイン

⑥残業代は出ないのが普通

⑦土日に出て仕事を終わせと言われる

⑧いつでも「出来損ない」って言われる

⑨褒められない

⑩いかに長く働くかが唯一の評価点

⑪離職は多い

 

あれ、これやばくない?って思ったのでした。調べてみると、以下のようなまとめとかがありました。

 

matome.naver.jp

 

ふむふむ、あれヤバない?って思いました。

 

身体的症状は絶対に逃げるべき

僕は思考力だけは生涯をかけて投資してきたので、そのせいもあって精神疾患にもなりやすいのですが、余裕でお友達レベルだったので殺されることはないと思っていました。

 

でも、こんな身体的な限界は回避しようがありません。

 

毎日救急車に電話できるよう準備するか。

 

すぐ強制的に休む

 

これを心がけようと思いましした。

 

個人的な話ばかりなので広がらないので、もっと客観的に考えてみましょう。以下で書いてみます。

 

過労死する原因を現実的かつ一般的に考えてみた

 

過労死の原因は簡単に言うと

 

長時間労働とストレス

 

これだけです。めちゃくちゃ簡単ですね。

 

長時間労働になる理由

 

じゃあ、なんでこれが防げないのか

なぜ長時間労働になってしまうのか。それは

 

日本の独特な雰囲気

 

このせいだと思いました。これを改革するには政府とかじゃなくて、日本にいちゃだめな気がししました。

 

日本はとても特殊です。いや、特殊というかキチガイですよ。

 

以下で短文で書いていきます。

 

アピールに命かける

 

基本一般社員は無能だから、いかに長く働いて、上司にアピールして、でも上司はアピールなんて知ったこっちゃない。

 

仕事はデフォルトで永久に終わらなくて、その永久を1週間で処理せよという。そして、その理由は大手企業にアピールするためである。

 

うちはこんなに安くて、こんなに頑張ってるから今後もお取引お願いしますーーー!!

 

って感じ。

 

救えない。。

 

 

褒めたら負け

 

そして人を褒めない。なぜなら、自分も昔はこうだったを強制するからである。褒めたらなんか最大のご褒美をあげるかのようでなのである。異常。日本の最大の評価は結果ではない。人間である。気持ち悪い。これでビジネスが成り立っているのが怖い。

 

永久に鎖国してる感じあるよね。

 

なぜ出勤してしまうのか

 

なぜ休まず出勤してしまうのか。

 

それはもう洗脳されているからである。

 

 

自分は出来損ないだから、いっぱい働いてもっと身につけなきゃ!

 

なんて発想は多いのではないだろうか。上もそう言ってはいないだろうか。はっはは。全然終わってる。長時間働いて、しかも働いてる扱いされていない。ってのはタダの時間の無駄。納品とか提出とかって義務が発生してるなら、それは仕事だし、ストレスの原因になっている。こうした中で半ば強制的に出勤すれば、圧倒的に死亡リスクが高まる。

 

出来損ないではないのだ。日本のしごとの回し方が本当に終わらない量でやり遂げようとしているから、終わらないだけなのだ。出来損ないではないよ。安心してほしい。自分を責めないでほしい。

 

でもそんなことはお構いなし。でも一つ明確な事実がある。

 

休んでも死ななないけど出勤したら死ぬよ?

 

って。

 

仕事がなくなる?生きていけなくなる?

 

安心してほしい。精神的かつ身体的な障害が発症する前に辞めても仕事はたくさんある。正社員じゃなくてもたくさんあるんだ。本当にたくさん働き方あるんだ。こうした文脈でいろんな働き方を提示しても半信半疑だし、自信もないと思う。でも調べてみてほしい。多分死ぬリスクは絶対減るし、なにより死ぬなんてこと考える必要もなくなるんだ。

 

こんな現実は変えられないのか

基本的に大手企業が下請けを報酬以上に使いまわしている体型はもう限界にも来ていて、中小零細はそれでやっていけない状況になってきました。

 

でもそんな中でもやっているところは多いです。ええ、もうどこまでやるんだよ。。って思います。

 

でも組織とかある程度業界ができたところはこうした体型に当てはまることだから、組織、規模の大きい業界に入ると逃げられないでしょうね。ワロタ。

 

だから、変えるには自分の考え方、生き方を再考するしかありません。それは超難しいですよね。こんな日本の慣習に染まってしまっているんだから。

 

だから少しずつなんでもいいから、考えて発信していってみてください。動いてみてください。ピクシブで、ツイッターで言葉でも絵でも、なんでもいいです。とりあえず考えて動いてみてください。それが少しずつ自分の行動を変えていくことができるのです。

 

最後に、僕がまだ死ねない理由

なんか首が最近痛いんです。なんか怖いなあ。。やだなあ。

 

なんで、僕がまだ死ねないのかというと、

 

それはまだ「悲しむ家族」がいるからです。おばあちゃんもまだいます。

 

彼らは僕をこんなふうに生きてほしくて育ててきたわけじゃないですし、

こんな名前をつけたはずがないんです。

 

それなのに、死んでしまうのはなんか違うなと思ったのです。

 

もうやりたいことも、したいこともやり尽くして

働き尽くして人生しょうもな

 

って思ってもです。まだ召される訳にはいかないんです。

 

だから、自分でコントロールできないくも膜下出血が怖いんです。だって自宅で発症したらミイラになって発見されるんですよ。。やだよ。。

 

休もう。それがいい。

 

それがとても簡単なことじゃないか。

 

以上考えたことでした。

 

※こんな社長↓がほしいと思わない、だっていないから。

でもそんな人間ににはなりたい。

 

仕事が辛いなら「とりあえず3年」とか「自分を変えよう」とかって書かない理由

f:id:arufred45Hoo:20180509010056j:plain

 

こんにちは、鬱なのか風邪なのか不眠気味の青色申告です。

 

眠いんですけど、最近また思ったことがあるので書こうと思います。

 

【目次】

 

僕が「転職」「おすすめ」を書かない理由

 

導入

 

僕はブログを書き始めてからずっと、就活、働く関係について書いてきました。

 

間違ってることも多いかもしれないけど、勘違いなりに自分の頭で考えた言葉を書きたいと思っていました。

 

さらに、ゆくゆくは広告収益で「ウハウハや!」って思ってもいました。

 

広告主の受けが良くない説

 

でも、僕が書く記事、書く記事、広告主に受けがよくありません。なぜなら、広告主のことを全然プッシュしないからです。むしろ、広告が出ていないものばかりプッシュしています。

 

「完全無欠の無料でやりたい!」

「登録無料とかじゃなくて、マジ本物に超絶楽でまじでいいヤツ」

 

とかそんなやつばかり書いていると、そりゃ金銭が動かないので広告主にも愛想をつかされてしまいますね。なので、アフィリエイトの申請はしまくっても落ちまくります。月間アクセスはそれなりにあるんですけどねえ。残念です。

 

特に、転職サイトを比較しまくった記事は、結論として「おすすめはない!」とまで言ってしまいました。。はは。だってそう思ったんじゃもん。

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

それでも、僕は「自分で読みたい記事を書きたいんだ

こうした記事を書く理由は、そうした記事がこの世に少なすぎるからなんです。

 

「見て!そんな仕事してないでブロガーになろうよ!」

「何そんなに疲れてるの?ホワイト企業に転職しようよ!今すぐ!」

            ↓

            

            ↓

            

            ↓

           

「大手転職サイトへ無料登録!!」

 

とかとか多すぎないですか??いや、待てよ。唐突ーーーー!って思いませんか?いやわかるんですよ。別に読者でもない、検索訪問者なら別に何思われてもいいと思うんですよ。自由を手に入れるためにはそれくらい別にいいと思うんです。僕もそういう種類の記事を実験的に書いたりもしますし。

 

僕はそれでクリックする人が一人でもいるなら技術としてはいいと思うんです。でも、僕は読者としては「違う!」って思ったんです。

 

僕は、

 

もうあらゆる転職サイトもエージェントも総なめ的に助けを求めたけど、ふあああああ!なんだよ!全部ダメじゃねえか!もうゲームするしかねえじゃんよ!!

 

っていう感じの記事が読みたいなと思ったのです。

 

でもそうした記事がアクセス上位にくることはありませんでした。だから僕が書こうかなと思ったのです。僕が検索したワードで、僕みたいに検索した人のすぐ一番に読んで、「ふむふむ!」って思ってくれたらいいなと思ったからでした。

 

転職しようじゃない

僕は読者ターゲットが違うので、「転職しよう!」なんて言えなかったんです。

 

初期に書いたこの記事もあの記事もそうでした。

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

 

僕は、多分それなりに働いてはいました。まだ30にもなっていないので、期間は短いから「働いていない」と見られてしまうかもしれないけれど、僕は精一杯働いていました。

 

日本では、いかに長く働いたかで「実態」がわかるという空気があって、長くいないと何も言えない空気がありますが、僕はそういうのが嫌いでした。それは会社だけでなくて、インターネット上でもそう思います。

 

ろくに働いてもいないくせに

何いってんだ

 

多分そんな人並みには働けていると思います。

 

そんな僕がターゲットにおいたのは、

 

「圧倒的にインターネット上に存在しない読者」

 

だったのです。彼らは圧倒的読者です。彼らは「いいね」も押しません。「スター」も押しません。かられは発信することはありません。ただ検索して見る者たちです。

 

なぜそんな人をターゲットにおいたかというと、彼らが僕が一番イメージしやすい僕だったからです。

 

彼らの反応は決して、永久にわからないでしょう。でも僕はそれでもアクセス数が伸びるということ、検索されているという事実、クリックされているという事実だけで十分なんです。それが僕がしていたこと、僕に、困った僕に届いているということだからです。

 

話が脱線しました。もとに戻しましょう。僕が、転職しよう!転職のために無料登録!エージェントに相談!って書かない理由

 

それは、それでは読者の求めている解答を提示できていない!と革命的革新的に思うからです。

 

僕だったら「違うんだ!そうじゃない!」って思ったことでしょう。

 

彼らが求めているのは、求めていたのは、「材料」なのです。この問題を解決するために、いや、解決するのに役立ちそうな新しい材料なのです。それは事実だけでなく、理想でも、言葉でもいい。いやそれくらいのほうが見ていやすいのです。

 

転職すればいいじゃん!

簡単じゃん!

 

簡単じゃない!!

 

自分を変えればいいじゃん!

明るい性格になればいいじゃん!

 

簡単じゃない!!

 

全然簡単じゃないことばかり言うから見ていたくなくなるのです。簡単じゃない!って言いたい。でも言えない。そんな感情を見つけるのすらインターネットではとても困難です。

 

弱音

ノンサクセスストーリー

 

それがあまりにも少ない。アクセス上位記事には。

 

逃げたい!

逃げたい!

働きたくなーーーい!

でもニートになりたくなーーーい!

でも遊びたーーい!

ゲームしたーーい!

てか、お金降ってこいやーーーーーーー!!

 

ってひたすらに叫んでいる記事すらない。みんな途中でやめちゃっているから。

 

僕はそうした、なんというか就活にまつわる本当の感情を記事にしたいなと思ったのです。誰かの本当の感情はきっと誰かの材料になるんじゃないか、それはアクセスされて、クリックされて、ウハウハや!!ってなんとなく思いながら。笑。(いつ、ウハウハになれるんだ!!)

 

最後に

でも、そうした記事はウハウハになれないことも若干判明してきて、最近は新しいサイト運営も検討しています。

 

もっとちゃんと広告主と検索者をガチでマッチングするようなサイトです。まあ、それも多少時間が掛かりそうですけど。

 

以上「仕事辛い?」→「転職しよう!」って書かない理由についてでした。

 

【関連記事】 

www.ashitamomusyoku777.com

 

www.ashitamomusyoku777.com  

 

www.ashitamomusyoku777.com

【現実】定時で帰れるとかホワイトな会社とか簡単に見つけるのはハイパー困難な話【ブラックしかない】

f:id:arufred45Hoo:20180507024212j:plain

 

こんにちは、あらゆることに絶望している青色申告です。

 

さっき、風邪引いているにもかかわらず、眠れなくて、スマホいじってたら気づいた事があったので書こうと思います。

 

それは現状、ブラックな仕事しか求人がないということです。

 

【目次】

 

定時で帰りたいんですけど

もう、風邪を引いているせいもあって「定時で帰りたい」と思って求人を検索しまくりました。

 

でも出てくるサイト出てくるサイト、もうこれでもかっていうくらい微妙でした。解決策を全然提示してくれません。

 

出てくるのは

 

・残業なし!定時で帰れます!ドライバー とか

・残業なし!公務員とか

 

でも更に職業について検索をかけると

 

・定時に帰れるなんて嘘

・辞めたい

 

そんな言葉しかなかったのです。

 

定時で帰りたいの意味

おそらく、多くの人が定時に帰りたいという意味をこう解釈しているはずです。

 

肉体的にも精神的にも業務量的にも

定時にすっきり終わって

「会社の人全員」が定時に帰宅

 

そして、

 

帰社後もストレスなく家族や友人と過ごせる

 

きっとこんな夢を描いているはずでしょう。

 

多分、定時に帰るなんてのは誰でもできるんだと思います。(いや、全然無理という方。大丈夫。僕もそれです)

 

翌日始発で出社したり、翌日に仕事量を増やして残業したりすれば

 

ははは。。はぁ。

 

公務員でさえ夢物語の可能性

さらに、めちゃクソ楽と噂される公務員ですが、多くの投稿で

 

辞めたい

残業が

転職できない

 

とあります。ふああ、どうしたらいいのでしょう。

あんなに、世界の救いは公務員しかないと思っていたのに実は違うのでしょう。

 

現実は

 

・天下りで降りてきた、在籍しているだけで社会的に価値がある役員

・派遣社員、非正規雇用者

 

だけが若干楽に見えていて、組織的にも金銭的にも負担がかかる正規社員、特に中間層はきっと民間に匹敵するくらい疲弊しているのが実態なのではないでしょうか。

 

実は中間層が肩代わりしているだけという説

最近、世間的にも働き方改革と行って「残業」を厳しく取り締まるようになりました。

 

しかし、それによって日本の会社がホワイト企業だらけになったのでしょうか?

違いますよね。実態はこうでしょう。

 

①一番上流の組織内で、今までもホワイトだったのに、更にホワイトになる。

 

②中間層(組織的にも、構造的にも)はそのしわ寄せを食らう事になった。

仕事量も減らせないし、売上も減らせない、むしろ更に効率化を求められるようになった。仕事は終わらない。早く帰れ。部下も過労死させられないから定時で帰宅。

 

結果:中間管理職と下請けは絶望

 

③最下層の現場はいつも以上に短納期になり更に絶望

 

こうですよね。ははは。絶望なうです。

 

新人が勘違いしていく

こうして新人は勘違いしていくのです。

 

ああ!ここは定時で帰れる会社なんだ!やったーって

 

でも違うんですよね。半年後にはいきなり戦力扱いされて地獄の特急電車確定です。そして、中間層は言うんです。

 

「これも下積みだと思って」

「実力がつくから」

 

ウンウンわかりますよ。その言葉も素敵な響きですよね。その言葉にどれだけの人が騙されてきたのでしょう。いや、耐えきることができたのでしょう。

 

いや、多分人間性を保持できた人は殆どいないのでないかと思いました。僕が見ている限りだとこういった人が多かったです。

 

・仕事は確かにできる

・いつも疲れている

・未婚

・部下なし(皆、退職)

・給料薄給

・休日は体を休める日

・生命が暗い

・仕事に関してはめちゃうるさい

・会社や業界への不満は多い、こうした現状をまずいとわかっているのに何も変えようとしない、できない

・嗜好品に逃げるしかない

 

こういう人いませんか?いたからってビビらないでくださいよ?まだブラックではありません。ほら僕の場合はホワイトでしたから↓。

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

僕はこういう人になりたくないと思ったわけではありません。僕は一部分では尊敬した部分もあったのです。

 

それは仕事に関してです。こういった人は確かに仕事ができます。組織に必要な人として居場所を作れている人だなと思ってすごいと思ったのです。

 

でも僕にはなれないなと思ったのです。多分死んじゃうなと思ったのです。

 

ブラック企業は見方によるという説とか見分け方とか

こういったタイトル見るとげんなりするんですよね。。。最近。

 

だって、見分け方とか見方とかかなり客観性を持って判断してもその人達が入社してみんな退職してたら、離職してたら、それ世間で言う「ブラックじゃん」って思うんですよね。

 

だからそういったことを基準で就活してもだめじゃない?って思うんです。

 

僕的、いい就活の仕方【案】

あくまで案なんですけど、僕はこうした就活のほうがいいんじゃないかなと思います。

 

①自己分析を信じすぎない

こういった記事でも書きましたけど、自己分析で自分を知るのはまあ、いいです。

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

でも、それを信じすぎてもだめだなと思ったのです。向いてるとかやりたいとかこうした指針から導き出されたものは、あくまで他から影響を受けたものだからです。

 

僕的にはそれは材料に過ぎなくて、他にも検討することがあると思っています。

 

例えば

 

①今まで褒められた特性

 

細かいところまで気にするよね

広い視野持ってるよね

情報量すごいよね

一緒にいると癒やされる

話面白い!

 

とか小さい頃から言われたことも知っておく必要があります。でもこれだけでもだめです。

 

②どうやって生活したいか

徹夜してもいいから稼ぎたい

定時に帰りたい

 

とかです。ここで大事なのは、意外に働いてみないと本当の気持がわからないところです。

 

僕も以前は徹夜してもいいから好きなことしたいと思ってました。でも実際やってみると120時間も残業していると、だんだんあらゆる力が消えてきてしまうのです。お金?やりたいこと?いいから休みたい!ってなるのです。それが現実です。

 

僕は今ある程度働いてわかったんですけど、

 

働きたい

でも10時間/日くらいがいいな

 

って思ってるんです。甘いですか?

 

別に甘くはないですよね。甘くはないと思いたいですが、世間的には不可能な夢だということも絶望しました。

 

世界との比較で日本は働きすぎと言われるけれど

僕は海外で働いたことはないですが、多分こんなことを海外の人に言ったらクレイジーと言われるかもしれませんね。

 

間違いなく働きすぎだと

 

でも僕は見方によっては働きすぎではないとも言えると思うんです。

 

例えば西欧だと無給で下積みをして、一人前になったら給料が出るという仕組みを知りました。専門性の高い大学を出て、そこから就職へ目指すみたいな。

 

acthouse.net

 

でも、日本は違うじゃないですか。とりあえず、

 

学歴フィルターで地頭確保した上で、有給で研修したあとで解雇も流動性もないままに、戦力扱いせざるを得ない

 

本当は育てたいけど、給料が出ているせいで戦力扱いをしなくちゃいけないという心理が働いてしまう。それも見方によっては実力もないのに雇ってくれる日本はベリーイジーなのかもしれませんね。

 

働いて働いて、命をとしてやっと30歳くらいで一人前になる。それは見方によってはふつうのコトなのかもしれません。見方によってはね。

 

でも僕はそれ辛いなと思うのです。

 

本当にいい会社に就きたいのなら

転職サイトで検索し尽くす前に、しつくしたあとでもいいんですけど。(その場合は以下の体験談も参考にしてみてください)

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

ほんとうの意味で自分で動くということです。

 

自分で見つける、会いに行く、やってみるんです。

 

あ、なんか聞いたことある言葉やん」って思うじゃないですか。僕も書いていて思いました。え、それやるの激むずじゃないですかって。そうですよ。激むずですよ。ちゃんと日本で空気を読みに読む能力を身に着けた場合、これは激むずなんです。だってこれやったら職歴がーーーとか、って問題になるじゃないですか。

 

だから、別にすぐ動かなくてもいいんです。考えるんです。自分で検索しまくってもいいんです。考えないのが楽ですよね。でも動くより楽です。現実に直面するより楽じゃないですか。レジュメを実際に送るよりも楽じゃないですか。

 

30代になったら終わる説

 

もう20代も半ばだし、確定しなくちゃ。

30になったら終わりだー

 

ってのもわかります。検索したら30代で終わるんです。日本は三〇代でまともな経歴を持っていないやつは終わっちまうんです。上記で言えば一人前の職人になっていないからお金は払えないし、居場所を提供している暇はないってことなんです。

 

でも本当に終わりなんでしょうか。終わっちまうんでしょうか。百万社すべての社長がそう言うでしょうか。僕が社長だったらそんなことはいいません。

 

終わってないぞ

 

って言いたいです。社長じゃないんですけど。。言いたいです!言いたい!

 

能力がないなら学べばいいじゃん。それだけじゃん。

いや、それだけじゃないですけど。簡単に言うならそういうことじゃないですか。やってみないと人生は変えられないじゃないですか。僕だったら、プログラミングとかに興味もあるので以下のようなものを検討したりしてますけど(現状調べている最中のものののみ。。。)調べて高いなあとか、でもやってみたいなあとか思うのはタダです!少し逃げられそうな気すらしました。

 

人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」

 

未来のキャリアをつくるプログラミングスクール「Tech Boost(テックブースト)」

 

【WebCampPro】大人気テックスクール(プログラミング学習、デザイン学習)

 

【TECHCAMP】エンジニアスクール

 

 

最後に

めちゃくちゃ書いてしまいました。でも昨日書いた記事が書いたあとからなんかずっと心に残ってて

 

うつ病の一歩手前まで働かないと行けないんだ!!

 

ってのはやっぱりおかしいよ!!って思いました。絶対おかしい。一生懸命働いてちゃんと地に足つけて、空を見て生きていきたいじゃないですか。漫画も読んで、アニメ見て少しだけ次郎食べていたいじゃないですか。それって贅沢ですか?贅沢なんですか?甘えなんですか?

 

違うよね!

 

僕はたとえ現実がそうだとしても、自己暗示でもいいからそう思っていたいです。

 

ちゃんと生きていたいです。

 

以上風邪引いて眠れないから考えたことでした。

【第二新卒】20代後半で、もう働きたくないけど、スキルも職歴も将来もない話【人生の詰み将棋】

f:id:arufred45Hoo:20180504233220j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今回は、答えのない不安について書こうと思います。

 

【目次】

 

 

もう働きたくない

最近、そればかり考えています。

 

もう働きたくない。

なんでこんな働いてんだ。。

 

って毎日思います。そのくせ、仕事もできなくて、怒られて心身ともにヘトヘトです。最近、サービス残業で月120時間突破しました。前職よりも2倍になってしまいました。笑。

 

でも不安なんだ

でも、すぐやめることも、辞めて何をするべきかも考えれば考える程不安になってくるのです。

 

今日は風邪を引いたのでずっと寝ていたのですが、思いつくことは不安ばかりです。今辞めたらスキルも中途半端、フリーランスとしてもやっていけないし、かといってベンチャー系に行っても変わらない。

 

そもそも肉体的にもこの勤務条件はやっていられない。しかし、辞めたらどうなるのか。

 

シュミレーション① 派遣社員になる

派遣社員として、勤務する場合を考えてみました。飽きっぽい性格なので、いろいろな職場を体験してみると言うのは少し魅力的に感じました。

 

でももっと将来について考えみましょう。20代はそれでいいかもしれません。50代になった場合どうなるのでしょう。紹介される案件、ネットの情報を集めると

 

「倉庫業 ピッキング」

 

となってきます。男の場合、やはり売れるのは体力しかないのでそうなるのは目に見えています。でも、僕は体力が全然ない上に、倉庫業や体力仕事もバイトでやってみた結果しんどいのレベルが違うので、ないなと思いました。

 

シュミレーション② ゆるい仕事を探す

公務員系の仕事を探す、または転職するということを考えてみました。しかし、それも30代になる前に決めないとまずいです。日本の場合は本当にまずい。でもやる気が出ない。

 

すべての「働きたくない」の根本が人間関係だからです。これを読んだ人は、きっと「何を言ってるんだ。甘ったれるな」と思うことでしょう。でも、僕は言いたいです。

 

日本の人間関係は窮屈すぎるんだ

 

って。それを耐えないと生きていけない。勉強を頑張っても、どんなに残業してても可愛がられなかったら終わり。詰です。

 

どんなに仕事がゆるくても、間違いなくいられなくことが予想されました。

 

シュミレーション③ フリーランスになる

クラウドワークスとかランサーズとか使って稼いで、ブログとかももっとバリバリにやって稼ぐというのも考えました。

 

ネットで調べると、10万とか20万は楽勝とか在りましたけど、正直確証がないなと思いました。それは自分ができるという確証です。そんなのはどこにもないけれど、人生をかけるには自信不足でした。

 

シュミレーション まとめ

こうやって書いていると、まだまだ確証不足だなと思いました。

 

多分死ぬ気やれば何事も楽勝なのではないかと思いました。でも裏を返すと

 

死ぬ一歩手前まで働かないと何も手に入れることはできない

 

ということも認識しました。甘くはないのも知っています。でも生きるのがこんなにも辛いなんて、働くことがなんでもこんなに大変だったなんて子供の頃思ってはいませんでした。

 

こんな言葉を聞くと、年配の方は誇らしげに言うでしょう。

 

どうだ、俺達はすごいだろう?」って

 

全然すごくはないんです。僕が落胆したのは、仕事ってもっといきいき行う、生活上の一部だと思っていたのです。夢に見ていたのです。

 

でも実際はゾンビしかいませんでした。後輩にだけ誇らしげなゾンビしかいなかったのです。

 

大企業が指示だけだして、中小零細は中抜きに抜かれまくったあとの第一線に立たされる。それが今の、いや今後も続く日本の構図です。

 

実際に作るとか一番手間がかかる部分は自分たちではやらないで、給料の安い部門に任せる。日本にいなければ、国外に。計算と論理だけで生きようとしています。笑っちゃいますよね。時期に人がいなくなればロボットに置き換わるんでしょうけど。

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

売り手市場の嘘

以前も書きましたが、こういった不安は売り手市場の嘘に気がついたことでさらに不安になりました。ガチャを回しに回すだけの存在たちが、無能は切り捨て、優秀な人材を国内外から募る。それだけなんです。

 

身につけなければよかった能力

 

考えること

自分の意見を持つこと

 

僕はこの能力が今後絶対必要だと思っていました。でも間違っていました。、身につけなければよかった。これがあるせいで生きづらくなってしまいました。

 

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

今後の方針と一時的な解決策

僕はこの記事を特段解決策を出すために書いていたわけではありませんが、わかったことは

 

うつ病の一歩手前まで仕事をやりきる

転職に耐えうるスキルを半年以内に身につける

 

それしかありません。半年スパンで積んで行かないと、終わってしまうからです。こう書くと、うつ病一歩手前まで仕事しないと行けないんだなって思うのですが、多分今辞めてもきっと同じなんです。

 

本当は光明が差すぐらいの解決策を提示してみたかったんです。将来明るいぞーーー!ってことを。

 

最後に 「自分を変える」について

 

よく、検索すると

 

「自分を変えるしかない」

 

っていうのも見ました。自分を変える?ありえないわ!!って思っていました。

 

正しいことをしたい!

正しいことを言いたい

 

そう思ってブログとか仕事とか思ってやってきましたけど、そうもいかないようです。それは空虚な妄想だったのでしょう。

 

ゴリゴリのアフィリエイトブログなんて見る気も起きないですが、そういうものを見る人も確かにいて、

 

媚を売るなんてしてどうするの?って思っていても、媚を売るのが確かに効果があって、

 

そういうものなんでしょう。

 

それもこれも認めなくちゃいけないときが来てしまったのかもしれません。

 

綺麗事を言うのはいいけど、現実を変えれていますか?

 

ということを。うんうん、変えれていませんよね。うつ病にはなりたくないくせ、スキルは身につけたい。うつ病にはなりたくない、早く帰りたくせに自由な生活を欲する

 

でもきっとうつ病になる一歩手前、それこそ死ぬ気でやらないと多分きっと何も変えられないんだということ何でしょう。いやいっそ、一回今までの自分を滅さないとだめなのかもしれません。簡単ではないですけれど・・。

 

追記:きっとおんなじような記事をいつも書いてるなと自分ではわかっているんです。でもいつも解決策が見つからなくて、書いてしまうんですよね。。

 

以上です。

 

【関連記事】 

www.ashitamomusyoku777.com

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

向いている仕事も業界も全然わからなくなったからもう一回テスト受けた

 

f:id:arufred45Hoo:20180506023802j:plain

こんにちは、迷える子羊こと青色申告です。

 

今回はまた適職診断についてのレビューをしようと思います。

 

前回の記事も結構好評でした。

 

www.ashitamomusyoku777.com

 

 

【目次】

 

 

みんな大好き、リクナビのグッドポイント診断について

みんなこぞって書いているグッドポイント診断を受けてみました。多分、アフィリエイト目的なんじゃろなーと思って流していたのですが、試していなかったのでわざわざログインしてやってみました。

 

悪い点

まず悪い点を一気に書いていこうと思います。

 

・ログインめんどくさい

・会委員登録めんどくさい

・メルマガを解除設定するのめんどくさい

・てか、質問多くない?

・てか、だるくない?

 

とめんどくさいことばかり書いてみました。ええ、劇的にめんどくさい。なにこれやる意味あんの?って思うレベルでした。

 

なにより、質問が300個位あるので前回記事にしたテストよりはるかにだるかったです。

 

いい点とおすすめの受け方

じゃあ、良い点はどこなの?ということと良い点を活かすためのおすすめの受け方を書こうと思います。

 

良い点は結構ポジティブな点を教えてくれるので、前向きになれるという点です。

 

でもその結果を出すには、似たような質問に対してちゃんと解答を選ばなければならないのです。

 

あれ?この質問前のと似てるけど、なんかさっきと意見変わったかも!という場合が結構多くて解答がブレブレになりやすいです。

 

なのでおすすめの受け方を書きます。

 

①まず、2択問題なので最初は片方しか見ないんです。

②片方だけ見ていてあっているならそのままOK。

③なんか違うなと思ったらもう一方の選択肢を見てOKを押す。

それでもどっちもでもないなら真ん中から適当に選択すればいいのです。

 

以上で本当に知りたいことがわかると思います。

 

受けた感想

でも、ポジティブな点しかわからないのでむしろネガティブな結果がわかりません。しかも。本当に向いている業界というか直接募集画面に行ってしまうので、うーんなんか材料が少ないなあという印象が拭えませんでした。

 

例えば僕の場合、独創性とか冷静沈着とか落ち着いているとかいう結果が出てきて、確かにそう言われることもあるなあと思っていたのですが

 

これ性格であって職業じゃなくね?と思ったので、もっと具体的に知りたいと思いました。

 

next.rikunabi.com

 

追加でうけたテスト 

 

なので追加でテストを受けてみました。

 

貴方の夢を探す!とか言うから受けてみました。このテスト↓

 

あなたの夢を探す!適職診断

 

30問しかないし、会員登録もしなくていいし超楽勝でした。似たような質問もないし、ピンとこないのは全部「どちらでもない」にしました。

 

そしたらこんな感じ。

 

f:id:arufred45Hoo:20180506022507p:plain

 

ふんふん、これよこれ。こんな感じのが知りたかったのよ!って思いました。まあ、わかったところでどうなのよって思いもしましたが。

 

コラム:「どちらでもない、普通」を選べない心理について

今の教育だとどちらかはっきりした意見を持つべきだというものなので、少しでも右か左かで判断しなければならない傾向が強いと思います。

 

でもね、そんなオールマイティにどっちかに属しているわけないじゃないのよ。関心すらなくて、ピンとこないこともたくさんあるじゃないですか。

 

「自分はリーダー派」「自分はサポート派」とか

 

「自分は意見をなんとしてでも通す」「自分は折れる方だ」とか

 

一概に完璧に別れて言えないとき多くないですか?そりゃ、折れるときも折れないときも臨機応変に切り替えるときだって多いじゃないですか。ここは折れちゃいけない、いや自分の今後の生活を変えたら折れなくちゃとかいっぱいあるじゃないですか。

 

だから一概に選択できなのがこういったテストのデメリット何じゃないかなと思うんです。

 

だからこういった質問は極端な選択肢を選ばなくていいと思うんです。意味のない質問だからです。

 

それよりも、いつも計画を立てるかとかいつも個性を大事にしてるとか「Yes!」ってちゃんと言えることを選ぶのが大事なんです!

 

でもそれが本当の現代社会で求められた仕事に適しているかは別問題なんですけど・・・泣

 

最後に

テストを受けて思ったのは、今その向いているだろう職業についているはずなのに息苦しいということなんです。

 

それはきっと人間関係なんだろうなあと思いました。きっと向いているはずなのに、勤務時間とか諸々の仕事環境が向いていないのかもしれません。でも仕事は続けたい。

 

向いている職業がわかったらどう働きたいかということなのかもしれません。でも、それが上手く求人と結びつくかはやはり自分次第なのかもしれませんね。。

 

以上参考になれば嬉しいです。

 

もっとテストを受けたい。、もっと自分を知りたい人は下の記事も読んでみてくださいね!会員登録もしないし、全然転職サイトと関係ないけどいいなと思ったテストについて書いています。向いていない職業もわかりますよ!

 

www.ashitamomusyoku777.com