明日も無色

明日も無色

ゲームや就活など幅広く思ったことをまとめるブログ

【おかしい】こんな仕事も完璧にできないなんて辞めたくなる

f:id:arufred45Hoo:20171115020157j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今日はこんな働き方おかしいよ!!と思うことについて書こうと思います。

 

【目次】

 

こんな仕事もできないなんて

 

いい大学出ているのにこんな仕事もできないの?

 

と僕は上司から言われました。

 

でも僕の中ではできていました。彼らの言う「できた」とは十分に100パーセントできたかどうかを表していることが判明しました。

 

100%十分に完璧に完全無欠にし仕事をこなす

 

それが日本における働き方の価値観のようです。これが正社員、そして正社員とは高い給料を相対的にもらうから100%できなければならない。もはや職人、プロにならねばならないというのが日本における働き方の考え方のように思います。

 

100パーセントできて当たり前?

しかしそれっておかしくないですか?どう考えもおかしくないですか?100%フルマックスで得られる対価って75%の仕事で得た成果とどう違うのでしょうか。75%で一般クライアントは満足するレベルであったときに、残りの25%を穴埋めする前に6時間残業する意味はあるのでしょうか。

 

むしろ、なんで100%にしなければならないのでしょう?

 

プロ集団だから?

ジャパンクオリティは100%が当たり前?

 

そんな風に考えている20代は一人もいないでしょう。

 

結論は彼らの価値観だからです。客観的にな正義ではなくて、昔からこうやって言われていきたからそうやってきた仕事を後世にも残そうと思うのは間違っているのように思います。

 

残業を減らすのなんて永久に無理

 

句読点の位置がおかしい!こんな文章仕事でつかえるか!書き直せ。

色が薄い。印刷しなおせ。

 

これって普通なんですか?多くの社会人がこれを読めば普通でしょ!って思うかもしれません。

 

でも全然普通じゃないんだがと思う。致命的に構成要件に不足があるならまだしも、不足はないと思う。こういったことに充てる仕事が日本では8割近くを占めていると思う。むしろこれをなくしたらほとんどの人が4時には帰れる。

 

日本は異常な完璧主義

これが商習慣になっています。どんなところも正解にあっていないとダメ。少しでもずれていればやり直し。

 

こればっかりです。そしていつの間にか考えなくなって、ただそれを考えずにやることにするのです。どんなに考えてもその無駄な仕事の繰り返しをこなしていくのです。

 

完璧であることが求められるのです。

完璧が正義なのです。

 

経営者と中間管理職の求める人物像

経営者はもっと自分で考えられる人間が欲しいと考えます。それはそう。実際の仕事は現場に任せて、経営者はビジネスを考え、行動する。いわば一番刺激的なことができるからです。

 

しかし、中間管理職は違います。少しでもミスがないように。無難に、かつ思考しないことことが求められます。考えも無駄だからです。考えるのをやめると昔のことを例にして何も変わることのない完璧主義を活用してくるわけです。

 

ここで、採用において齟齬が生じるのです。経営者は自由闊達な若者が欲しい。中間層はめんどくさいことを考えない若者が欲しい。そうなると、必然的に会社には考えず、言われた通りのことをこなす人材しか集まらなくなるのです。なぜなら、自分で考えることをするとその場にいられなくなるからです。

 

完璧にできなくて辞めたい

ここまで言われてくると、こんな簡単なこともできないなんて、完璧にできないなんて。。自分無能なのかなと思ってきます。

 

でも、やっぱおかしいよなと思うのです。

 

そんな100%の仕事ばかりだけが価値を持つとすれば、もう生きていることが、生存していることが困難になってきます。いやむしろだから今の日本は働き方が疲弊しきっているのかもしれません。

 

そんなに日本で稼ぐのは大変なのか

そこまで細かいことを完璧にやって当たり前。それが日本で働くことであるとすれば、もっと給料下げて、もっと普通の合格レベルで気軽に仕事をしたいと思う人も出てくるのではないでしょうか。

 

てかそれを世界レベルに比較すれば、どんだけ日本のお金の価値は高いんだと思います。物価をはるかに超えた価値を持っているのではないかと錯覚します

 

でも僕は日本の100%フルMAXでこなした仕事と海外の仕事の成果に大きな違いはないと思います。いや、全然違うわ!!と言いたくなる方もいるでしょう。でもそれは業界の中の人の意見。一般消費者という観点からするとそこまで差はないのです。

 

完璧じゃないと日本では生きていけないのか

そんなはずあっていいわけないじゃない。僕は、とりあえずどんどん仕事をおわしたかったので70%主義で仕事をこなしていきました。

 

それが間違いなのかもしれません。

 

でも少なくともおかしいと思えるようなものではありませんでした。でも何度も何度も普通なら気が付かないとこばかり突っついてくる。今までやってきたテストよりもはるかに難しいのです。

 

仕事はテストとは違って、基準なき正解、合格なき無限の試練にさらされています。どこまでやっても「全然だめ」だけ帰ってくる。それはお客様からではありません。社内からなのです。とにかく社内に無駄が多くあるのです。

 

ああ、これを書くと世の立派な社会人の方は「それが働くってことだよ!!」と我が物顔で説教してくると思います。

 

でもだから日本から新しいものは生まれないんだよと思いました。考えるのをやめてしまうから。

 

完璧じゃなくてもいいじゃない

 

僕はただそれだけ思っています。日本じゃ甘ったれるなと言われるけど、いいじゃない甘ったれても、世界水準は越えていたらいいじゃない十分じゃない。十分頑張ってるじゃないと思っているのです。

 

以上思ったことでした。

ブログを続けるのは難しいと思う理由

f:id:arufred45Hoo:20171114015254j:plain

 

こんにちは、ゲームしようと思ったらサーバーメンテナンスで悲しみに暮れ、記事を書くことにした青色申告です。

 

今回はなんか調べたくなかったので思ったことだけ書くことにします。

 

【目次】

 

書くのめんどくさい問題

 

これ。

 

書くことない問題

これ。

 

書きたくない問題

これ。もうポテチ食べながらゲームしてた方が楽しいんだが。

 

以上三つのことがすべてを占めています。長い理由もございません。これが大きな問題に上げられることでしょう。

 

それ以外にもあります。

 

書きたくないことを書かなきゃいけないのか問題

読者は増えていませんが、Googleで上位掲載が多い記事を多く作ることができたので、いくつかの企業様からお仕事のご案内をいただくことが増えました。

 

拝見してみると、収益性の高そうな案件も多くあったりなかったりして目移りしちゃいます。

 

しかし、僕は本ブログを収益のために始めたわけではありませんでした。

 

毎日、お金ふってこーーーい!!と布団の端から願うけど、お金のために文字を、言葉を書いているつもりはありませんでした。

 

僕は、検索して出てこなかった答えを書いてみたいと思って本ブログで記事を書いていました。もちろん正解なんてないけれど、僕が仕事を辞める時に、

 

「答えはないのかよ!!」

 

と切実に願ったことを書こうと思ったのです。

 

もちろん、僕の記事は引用も資料に基づくものもなくてただの「妄想」レベルの考えが多くて「本当の答え」なんかじゃない。検索した人が「こんなの違う!」と思ってしまうような記事ばかりかもしれません。

 

でもその正解はだれにもわからないのです。

 

「誰にもわからない答えを書いてみたい」

 

そう思ったのが僕のキーボードを走らせる原動力でした。

 

いつのまにか「金」

そうして記事を書いてくると、いろいろ知識が増えてきて、やはりお金にたどり着いてしまうのでした。アフィリエイトやアドセンスを実験的に当初取り入れていましたが、徐々に広告配置やそれに関連する記事とかを考えてしまうのです。

 

ああ、この記事を書けば

あの記事を書けば

読者はこんなものを求めているのでは?

 

そうしてシュミレートした記事はただの広告でした。

 

僕はゆっくりやることにした

僕は本当に思ったことを書こうと思います。そして、検索しても出てこなかった情報を書こうと思いました。なぜなら、それこそ書く意味があるからです。たとえ、3on3というゲームを1000人いても1人しか知らなくて、そのうちのペドロが激しくもう、この上なく激しくむかつく!!と思う人が1万人中2人しか思わなかったとしても、その人が検索して「やっぱそうか!!(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪」とか思ってくれたらうれしいじゃないですか。

 

ほかの人が書いているなら僕はそれを読んで満足。ほかの人が書いていないなら僕が書いて満足。読んで満足。そんな感じになったらいいなと思います。

 

ブログを毎日書くのなんて無理です。ツイッターなら一日中つぶやいていられるけど、ある程度読まれる想定でかくとなれば、それなりに考えて言葉を使わないとなりません。結構体力使うんですよね。。笑。

 

最後に

こんなブログでも先日引用してもあったことがあります。そこに

 

「検索すれば答えってあるんだな」

 

って感じの言葉ありました。

 

そうだぞ、答えはあるぞ。ここにあるぞ。(確証0だけど)

 

僕はそう少しだけ誇らしく思いました。

 

以上ブログって大変って話でした。

【3on3 FreeStyle】もう課金しないと勝てる気がしないゲームになってしまったよ【飽きてきた】

f:id:arufred45Hoo:20171108014814p:plain

公式サイトより引用

 

こんにちは、青色申告です。

 

今回は以前から取り上げている3on3 FreeStyleがやっていて楽しくなくなってきた理由を書こうと思います。

 

【以前の記事】 

www.ashitamomusyoku777.com

 

【目次】

 

飽きてきてしまった理由

①ゲームがワンパターン化した

これをスタート直後に思います。チームメンバーをみた瞬間

 

ああ、俺だけが攻めなのね

ああ、お前は盗るだけなのね

ああ、キムにボコられる

ああ、

 

この連続です。この仲間にペドロが来た瞬間の落胆具合は何なんでしょう。ああ、俺が超絶スキルを指をこねくり回しながら決めなければならないなんて。。すごくスキルがあればいいですけど、★4くらいだと一人で攻めるのはかなり厳しいです。

 

しかも、現状はミドルシュートの即打ち以外、無課金シューターが勝てる方策はありません。ダンクやダブルクラッチの上位クラスは成長剤(バスケボール)を買い集めるのでだけで一苦労。しかもさらに徒労感なのがスキルレベル3~4は劇的に目に見えてパフォーマンスが上がるわけでもないので、なんか無駄なことしたなと思ってしまうのです。

 

②指が疲れる

結果、無課金プレイヤーが何としても勝つにはもう手がボロボロになります。

 

キムの信じられない動きに何とかついていかねばならない

キムの即打ちに騙されないように

ペドロを突破し

マードックを突破し

そこからのパス!!

 

かと思いきや、仲間意識ここにあらずでスティールされる

 

そんなことばっかりです。もうスキルゲーになってきます。守りが強すぎて、てかもう攻めもスキルがないことには楽して勝つなんて、楽しみながら勝つなんて不可能です。

 

もちろん序盤の初心者は楽しめるでしょう。しかし、クラブ制度が導入されて予想されるのは、クラッシュオブクラウンのような強豪課金チームに駆逐される未来でしょう。

 

もうね、疲れましたよ。

 

③イベント達成が過酷すぎて疲れた

これね。先日やっとキムの特別スキン手に入れたと思ったら、ハロウィンのガチャイベント。これが過酷すぎた。いつ出るのかすら予想がつかない。おそらく、キムの報酬具合からあすると、50試合くらいしないとアイテム出てこない予感がしました。

 

それを思った瞬間に心が折れました。

 

④プレイに自由なんてない

自由にプレイをすることは許されなくなりました。ペドロがシュートする、シンディがポイントゲッターになる。なんてことは不可能です。もちろんスキルや特別訓練があれば別ですけど、正直無課金者では無理でしょう。そこまで育てている暇はないずです。

 

初心者はとりあえず、初期キャラのジョイやキムを育てる。そこからPFとかなんとかなりますけど、正直後半戦は★4以上は、スキルがないと使いもんにならなくて、新しいキャラ手に入れたぜ!!使ってみよだとただ、ボコられて終わる。だから、一番育てているキャラでお金を稼ぐしかなくなるのです。

 

うわー飽きるわ。。

 

加えて、新しく手に入れた能力も実際の試合では意味がないことが多く、なんかキャラを育てる楽しみもなくなってしまいました。

 

最後に

もうほとんどログインすることはなくなってしまいました。手がつかれてしまったのです。もっと、アクション性抜群のオープンワールドな3on3になったらまたやってみようかしら。

 

以上思ったことでした。

【就活】面接で嘘をつくより本当のことを言いたいじゃないか!

f:id:arufred45Hoo:20171028231414j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今日は数ある面接を受け、面接官に「君、風格が違うね」と言われるほどに面接を受け続けてきた僕が面接について書こうと思います。

 

【目次】

 

面接で嘘をついてはいないか

新卒の最初のころ、僕は素直にやりたいこと、夢見たことを話していました。

 

・世界平和が夢ですね

・お互いWin-Winの商売を

 

とか言っていました。ええ、空も真っ青になるくらい青い少年でした。

 

でもそれだと世間の立派な大人たちに

 

「なんだこいつ!社会人舐めてんのか!!」

 

ってことで落とされていきます。そうして、周りを見て、ネットで検索して「嘘」をつき始めるのです。

 

・貴社と社会に貢献したい

・お客様にご満足いただけるのが最大の喜び

 

ええ、この世に生まれて微塵も思ったことのないことを発射し始めるのです

 

嘘なんて時間の無駄

しかし、他の追随を許さないくらい名だたる面接を乗り越えて思いました。

 

嘘って時間の無駄

 

ってことです。なぜなら感情が全くこもらないから。面接官と会話ではなく、ただの答案の発表会にしかならないから。

 

もう一日に5~6回面接をしていると面接に飽きてくるんですよね。そのたびに同じ嘘をついても時間の無駄だなと思いました。

 

追加で分かったこともあります。

 

嘘ついても落ちるぞ!!

 

ってことです。

 

嘘のメリット

よく2CHまとめで

 

嘘をつけないような奴が営業できるか!!

 

という言葉がありますが、正解でもあり不正解でもあります。正直、営業によっても人さまざまですけど営業って信頼できるかがすべてなんですよ。嘘でも真実と伝えられるくらい感情をこめられる、人狼で言えば狼みたいなやつなんですよ。

 

だから、生半可な嘘なんて意味がないんです。それを面接官は見ています。こいつは真実らしいことを言えるのかということを見ているのです。

 

嘘をつくより、本当のこと言ったほうが楽

僕レベルに無双状態で面接を受けてくれば余裕で真実らしいことを言えますが、一番楽なのは本当のことを言ってしまうことです。

 

・家族生活が大事

・とにかく金が欲しい

・とにかく作りたい

・とにかく車が好きすぎて萌え死ぬ

 

とかそんな言葉から始めるのが一番いいと思うんです。その気持ちをもっと紙に包んで装飾するだけなんです。

 

それを

 

・車が嫌いなのに、社会の役に立ちたいから

・お金はそこまでいらないのに、自己成長のために

 

とか寄り道した気持ちで面接を攻略しようとしてもばれてしまいます。別にここじゃなくてもよくねと思われてしまうわけです。

 

面接は発表会ではない、会話する場である

と僕は思っています。というか、僕が単に面接に飽きてそれを目的にしていました。もう志望動機も熱意も枯れ果てたころ、とにかくその人と会話しようと思ていました。

 

だって、つまんないんだもん

 

それは面接官も同じはずです。毎日就活生の同じような「綺麗ごと」ばかり聞いてくればイライラしてくるに決まっています。本当はお前ら就活生が考えているほど綺麗でもなくて、楽しくもなくて面白くもない仕事なのにそれを綺麗な言葉で「おすすめ」しなくてはいけない日々にもうんざりしています。彼らは仕事だから面接しているのです。

 

お互い面接にうんざり、げんなりしているのです。

 

そう妄想シュミレーションした僕は、テンプレを言った後は会話を楽しんでました。

 

・面接してて楽しいですか?

・仕事してて楽しいと思えますか?

 

とか普通の就活生なら「落ちると思って」聞けないことを「ふーん」って思いながら聞いていました。

 

だって、何しても落ちるんだから別に聞きたいこと聞いてよくね?

 

って思ってしまったのです。

 

追伸:こんなこと聞いたら一部上場企業ではまず落ちると思っていいです!!でも100社に1社は受かるでしょう。

 

最後に

面接って受からないとやけくそになってきますよね。でも本当のことを言い続けてれば、きっとどこか自分の居場所がある!と信じ続けることが大事だと思います。それをいろいろな状況で曲げなくてはいけないとしても信念は曲げずに、方法を曲げればいいと思うのです!

 

日本がだめなら海外でもいいじゃないですか。自営業でもいいじゃないですか。

 

僕はそう思います。

 

以上面接で思ったことを振り返ってみたでした。

はてなブログで2つ目のブログを作ったけど簡単だった【身バレしたくない】

 f:id:arufred45Hoo:20171027191803j:plain

 

こんにちは、青色申告です。

 

今回は2つ目のブログつくったよってことを書こうと思います。

 

【目次】

 

2つ目のブログを作りたくなった

理由は、なんとなくです。ええ、万能ななんとなくという言葉で片付けてしまいます。別にこのブログで書いてもよかったんですけど、てかそのほうがカスタマイズとかしなくて済むし、超楽なんです。このブログで書いていたほうがアクセスもつながりやすいし。

 

でもそれって甘えですよね。

 

めんどくせえから逃げられないんですよ。

 

本当の理由

本当の理由は、以下です。

 

・特化型のブログを作ってみたくなった。

・そのアクセス検証をしたくなった

・特化記事なので本ブログの読者の関連記事に乗ってもアクセスにつながりにくいと感じた

 

です。

 

複数ブログを作るにあたっての障害

はてなブログってPro会員だと10個まで作れるじゃないですか。もうそれ使うしかないじゃない!!と考えて調べたら、めんどくさいらしい。

 

1.IDが一緒になる

→結果身バレする

 

2.どうする、別アカウント作る?

規約違反でBANされるかも

 

3.どうするサブアカウント作る?

アクセスめんどくさくなる

Pro会員は引き継げない

 

どうするこの三つの中で判断するしかない。それかもう別ブログで運営するしかない。その中で僕は1を選んで身バレしなければいい、てか身バレしてもいい有益な記事を書こうとと考えました。

 

複数ブログを作るのは超簡単

超簡単でした。新しいブログを作るボタンを押すだけで空白のブログが爆誕しました。そして、About欄やデザインなど、プライバシーポリシー(かぶるとあまりよくないので全く同じは避けたほうがいいかも)、お問い合わせなどは本ブログを参考にして適宜変えて作りました。3カ月かけて勉強したブログデザインなどは3時間で終わってしまいました。

 

他にしたこと

・お問い合わせフォームは同一はごっちゃになるので、分けました。

・デザインテンプレは気分転換に別のものを

・広告は記事がないので貼るのやめた

・アドセンスは別途記事フォーマットを作る予定

・登録してるサイトにはサイト追加を実行

 

はてなブログで複数ブログを作るメリット

 

・Pro会員を引き継げる

・アドセンスなども追加登録のみで貼れる

・見たまま編集できる

・独自ドメインを追加で取得しなくても、すでにアドセンスのアカウントを持っているのではてなブログドメインで貼れる

・公式グループに別途登録できる!!

 

メリットしかなかった。

 

身バレを防ぐ方法

しかしプロフィールが一緒なので、芋づるされれば身バレというか別ブログがばれてしまいます。しかし、以下の方法で防ぐことができます。

 

・ブログのabout欄にプロフィールIDを表示しない(設定→about編集より)

※これによりはてなブログ民でなく、よほどのハンターでなければ芋づるされない。

 

・スターを押さない

※スターを誰かに押すと、そこからはてなプロフィール→はてなブログ一覧となってばれます。しかし、それもはてなブログ民だけなのであまり支障はないでしょう。

 

・あとPro会員はヘッダーとフッターを表示しない

 

正直身バレのリスクは「about欄にプロフィールIDを表示しない」ということをするだけでかなり減ります。一般訪問者がはてなブログ民である可能性は限りなく少ないです。はてなブログ民にばれるくらいはもうリンク周遊してくれてありがとう!!くらいに思いましょう。

 

どちらかというと今は発信者よりも取得者のほうが多いので、知人がはてなブログ民という可能性は限りなく少ないでしょう。

 

もしほかの可能性でばれるとしたら、超絶にバズル、そしてそこに掲載しているプロフィールや記事の内容でばれるくらいでしょう。以前の記事でも書きましたがそれはいつでもリスクがあります。だから僕は以下のことを心がけています。

 

・身バレしてもいい、有益な記事を書く

・多重人格では書かない

・実際に会っても違和感のない文章と内容を書く

・記事ターゲットをどこにおくか(知人なのか、不特定多数なのか、特定ターゲットなのか、読者なのか)

 

これを心がけています。

 

最後に

以上複数ブログを作ってみたよ!ということを書いてみました。

 

2つ目のブログも少し更新もしました。アクセスは0です。笑。とても新鮮です。でも新しい発見もたくさんあって、今までかけなかったこともかけてとてもいい感じです。最初のデザインとかは手間ではありましたが、すぐアクセスして書けるのもいいですね。

 

是非複数ブログを活用してみいてはいかがでしょうか。

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

www.ashitamomusyoku777.com